マスコミに取材されるプレスリリースを書くには「報道分析」が不可欠

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

先日、私が広報PRを支援するクライアントの商品が、
ワールドビジネスサテライトの「トレンドたまご」で紹介されました。

やったことといえば、
商品のプレスリリースを書いて「トレンドたまご」のコーナー宛に、FAXでプレスリリースを送っただけ。

それだけで、
数千万円の広告価値のあるマスコミ報道が実現できました。

やっぱり広報PRって、素晴らしいですね(笑)。

ここで質問です。

「良いプレスリリース」とは、どんなリリースでしょうか。

  • タイトルが面白い?
  • 文章が美しい?
  • 内容が端的でわかりやすい?
  • 情報量が多い?
  • 文字と写真のバランスの良い?

私はズバリ、

それがきっかけで取材になり報道につながったプレスリリースが結果的に「良いプレスリリース」なのだと思います。今回、「トレンドたまご」で取材になったプレスリリースこそ、まさに“最高のプレスリリース“です。

内容をお見せできないのが
残念ですが・・・

逆に言えば、取材にならないプレスリリースは”単なる紙くず”といったら言い過ぎでしょうか。
マスコミ関係者の手元には、日々、十数件から100件以上のプレスリリースが届けられます。その中から自社のプレスリリースに注目してもらい、「この会社を取材してみようかな」と思わせるのは、並大抵のことではありません。

ではどうしたらいいのか。

先に私は「報道につながったプレスリリースが良いリリースだ」と書きました。

つまり、
プレスリリースの正解の要素というのは、すべて過去の記事、過去のテレビ番組の放送内容にあるわけです。

私はいつも、
プレスリリースを作成する前に、過去の報道がなされているかを徹底的に調査分析します。これを私は「報道分析」と呼んでいます。

例えば、
ワールドビジネスサテライトの「トレンドたまご」用のプレスリリースを書くのならば、まずは、過去に「トレンドたまご」で紹介された商品をリストアップして、その商品のプレスリリースをネット検索して探します。

もし、「トレンドたまご」で紹介されたプレスリリースがあれば、それが「正解のプレスリリース」です。そのプレスリリースには、「トレンドたまご」の制作サイドが取材したくなる要素が含まれています。それが何かを分析して、自社に取り入れましょう。

結論、
マスコミに取材されるプレスリリースを書くには「報道分析」が不可欠です。

nozawa_200_color
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。