PR会社の『広報とは』 ~ ベンチャー広報スタイル ~

STEP2 : 電話プロモート【広報PRの5ステップ】

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の野澤です。

『広報PRの5ステップ』のSTEP2、
『電話プロモート』についてご紹介いたします。

リストアップしたマスコミ関係者に電話でコンタクトする。

報道分析を通じて、
自社に興味関心を持ってくれそうなマスコミ関係者のリストが出来たら、

次は、
彼らに電話をして面会のアポイントを取ります。

アポイントをとるコツは、

「話しすぎないこと」

よく、電話で自社の商品・サービスについて電話で長々と説明するPRマンがいますが、これはNGです。

知り合いの記者がよくぼやいていますが、
「ひどい広報担当になると、電話口でプレスリリースを上から下まで読み上げるような人もいる」そうです。

こんな電話、
百害あって一利なしですね。絶対にやめた方がいい。

何度も電話をしてやっと電話口に出てくれた相手に、このチャンスを逃すまいと焦る広報側の気持ちもわかります。

でも、
マスコミ関係者は常に時間に追われて忙しいのです。

原稿を書いている最中かもしれないし、番組の放送中かもしれないし、締切直前でバタバタしているかもしれません。

そんな相手の状況に配慮せず、
いきなり電話をかけて、延々と話したら、普通、嫌われます。

ではどうしたらいいのでしょうか。

例えば、
面識のない相手にキャラバンのアポイントを入れる場合、

まず、
電話がつながったら、

「面白い情報があるので、今、1分だけ時間もらえませんか?」

と前置きして、

伝えたい内容の要点だけを魅力的かつ簡潔に説明してください。

興味をもってくれたら、

「詳しくはお目にかかって説明させてください」

といって、アポイントの日時調整に入ります。

1分じゃプレスリリースの内容を全部説明できないよ、と思われるかもしれません。

おっしゃる通りです。

ただし、それでいいのです。

ここで重要なのは、逆に、

「電話で全てを説明しない」

ということなのです。

電話の目的はあくまで、

「アポイントを取ること」であって、「その電話で取材のOKをもらうこと」ではありません。

ここを勘違いしているPRマンが非常に多く、だからみんな失敗します。

1分のプレゼンで、
そのプレスリリースの訴求ポイントだけを説明し、相手が「もう少し詳しく話を聞いてみたいな」と思った瞬間に「詳しいお話は直接お目にかかって」と言うからアポが取れるのです。

もし、
「今は忙しくて会う時間ないんだよね」と相手にアポイントを渋られたら、

「では、詳しい資料をお送りしますので」といって、
相手の名前、メールアドレス、直通の電話番号、FAX番号を聞き出してください。

そこまでできれば、
ファースステップとしてはOKです。

記者連絡先などの個人情報さえ収集できれば、継続的にコンタクトできますから。

野澤直人


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

【経営者向け】広報PR×マーケティングセミナー 7/13

 
こんにちは。PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

中小ベンチャー企業にとって、

『広報PR』は、
お金を掛けずにブランディングと販売促進を実現できる、非常に効果的な経営戦略です。

そして、
『マーケティング(集客ノウハウ)』は、ビジネスを成功させるための根源的ノウハウです。

そこで、
今回は、セミナーズ様と共催にて、
『広報PRセミナー』×『マーケティングセミナー』を開催することにいたしました。
 
 

【経営者向け】広報PR×マーケティングセミナー 7/13



日時: 2018年7月13日(金) 14:00~17:00(受付開始 13:30)
会場: セミナーズ西新宿キャンパス
    新宿区西新宿8-4-2 野村不動産西新宿ビル4F
    ・JR新宿駅から徒歩9分
    ・丸ノ内線西新宿駅から徒歩1分
定員: 先着20名
費用: 5,000円(税込)
 
セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方は3,000円となります。

お申し込みはこちら

【第1部】広報PRセミナー

 
こんな課題を抱えていませんか?

「広報活動に力を入れて、商品・サービスをもっともっとアピールしたい!」

広報PRの特徴は、

  • マスコミを使って無料で宣伝できる
  • テレビなどに出れば高い販促効果を得られる
  • 商品・サービス・会社の信頼性が上がる
  • 既存社員のロイヤリティ、モチベーションアップに繋がる
  • 優秀な社員が採用しやすくなる
  • 記事などを営業用ツールとして活用できる

など、会社の成長戦略にとって、様々なポジティブ・インパクトをもたらします。

一般的に行われている広報活動の欠点や、驚くほどの低コストで自社をPRするシンプルな方法など、中小ベンチャー企業が、マスコミに取材をされるための効果的な広報PR手法をお伝えいたします。

<講演概要>
・ マスコミを使って自社商品を無料で宣伝する方法とは
・ プレスリリースに頼らない、目からウロコのPR手法
・ 成功事例の紹介:社員数名の会社にテレビ取材が殺到した理由

講師

 
野澤直人
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人
 
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

広報PR 成功事例

 
本セミナーで紹介する広報PR手法によって、下記のような成功事例が挙がっています。
 
~ A社(調理器具製造/販売) ~
広報活動を開始後、約6ヶ月間で、日本テレビ「PON!」「スッキリ!!」、フジテレビ「めざましテレビ」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、テレビ朝日「スマステーション」「やじうまテレビ!」などで露出。初回生産分5,000個が完売し、入荷待ちの人気商品に!
 
~ B社(アプリ開発)~
サービス開始から5ヶ月間で、NHK「おはよう日本」、TBS「王様のブランチ」、産経新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、Itmediaニュースなど、20媒体以上が報道。結果、100万人以上がダウンロードした人気アプリに。
 
~ C社(研修会社)~
会社立ち上げから2年間で、40以上の媒体に露出。
わずか1年間でクライアント企業が200社を超え、大阪進出を果たした。NHK「首都圏ネットワーク」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、日経新聞本紙朝刊、日経MJ、産経新聞、週刊ダイヤモンド、東洋経済オンライン、月刊レジャー産業、近代食堂、日本外食新聞など。

セミナー参加者の声


  • 「具体的に何をすれば良いか、という呈示があったのが、たいへん参考になりました。」(ソフトウェアメーカー)
  • 「お話いただいたノウハウ全てとても参考になりました。是非、参考にさせていただきます!」(SI・人材サービス)
  • 「ただ多く送れば良いのではなく、興味を持って貰える方を探す方法が明確になっていて、わかりやすかった」(敎育)
  • 「具体的にどうすれば、マスコミ露出に繋げられるかを説得力のある言葉でご説明いただいたので、非常に参考になりました。」(フリー)
  • 「広報の近道を具体的に、わかりやすく学べました。」(商社)
  • 「有名になってからでないと取材なんて無理だと思っていたがそうでないことがわかった。
  • 「どうすればマスコミに取材して貰えるかという攻め方を知ることができた。」(アパレル)

 
 

【第2部】マーケティングセミナー

 
こんな風にお考えではないですか?
 
「マーケティングだけでは限界かも... 広報PRでメディア露出して、爆発的に売上を改善したい!」
 
そうお考えとなったきっかけは、こんなお悩みではないですか?

  • 「いつかきっと成功する!」
    そう信じて得意な方法に頼って売上をあげてきたけど... もう限界かも...
  • 「今のやり方を続けて、本当に会社を成長させ続けるられるのか?」
  • 「売上やお金の心配をするのはもう嫌だ!
  • 「ウチの会社には何が必要なんだろう?」
  • 「自分に足りないものは何だろう?」

『広報PR』は『広報PR』、
『マーケティング』は『マーケティング』、
 
そう、全く異なる戦略なのです。
 

経営者は、本質さえ理解すれば、すべてを理解する必要はありません!

 
これからの時代、マーケティングにインターネットは欠かせない!

あなたが経営者なら、そう感じているはずです。

しかし、
単にインターネットといっても、

FacebookやInstagramなど、新しいマーケティングツールや手法が、次々にリリースされ、インターネットは進化をし続けています。

経営者であるあなたが、
ひとりで理解し、全てを活用していくには、時代の変化はあまりにも早すぎるといえるでしょう。

最新のSNS、広告テクニック、トレンド、その全て理解するのは現実的ではありません。

経営者であるあなたが、
マーケティングを展開する上で必要なことは、あなたの会社のビジネスの本質を理解することなのです。

その本質とは以下の4つです。

  1. 「戦略」を明確化すること
  2. 「戦術」で販売プロセスを確立すること
  3. 「宣伝」で販売を増やすこと
  4. 「体験」の設計を通じて顧客感情をより良いものにすること

これでマーケティングの全てをカバーします。

マーケティングの4つの領域と1つの哲学


  • 販売促進4つの領域

    1. 戦略を構想する
    2. 戦術で前に進む
    3. 宣伝で広げる
    4. 体験を設計する
  • 新しいマーケティングの哲学
    1. モラルエンゲージメントの哲学 - PME(Philosophy of Moral Engagement)

本質的なマーケティングなら、信頼され愛されて、成長していける

 
あなたの会社は違うと思いますが、

もし、「売上があがればお客さまがどうなってもいい」と思っているとしたら、我々がお伝えするマーケティングは合わないと思います。

しかし、

お客さまのことが大好きで、お客さまにもっと幸せになって欲しい、と思っているとしたら、

我々の「マーケティングブレークスルー」で、売上をあげながら、お客さまにも愛される理想的なマーケティングをシステム的に導入することが可能になります。

このセミナーでお伝えすることは、

世界トップクラス、本物、本質的なマーケティングです。

これら4つのマーケティングの本質について、具体的な事例を交えた演習で本質的で実践的な方法を学べます。

講師

 

須田照丈
セミナーズ認定スピーカー 鎌鹿 尚広
 
1985年北海道函館市出身
個人事業主として約6年間、学生や社会人のべ200名以上の演奏技術やパフォーマンス指導を行う。

その後、WEBマーケティング企業に入社。
法人向けの広告営業でお客さまゼロからはじまり、一年目は大手上場企業を中心に150社訪問するが、取れた受注はわずか1件。
その後にトップ営業マンの元で営業やマーケティング、そして仕事の原理原則を学ぶことで、2年目から売上1億を達成。

九州四国地方の売上No.1、東証一部上場の化粧品メーカーや健康食品関連企業でWEB新規獲得数全代理店No.1、
大手調味料メーカーの業界初のSNSプロジェクトを成功、という成果に貢献する。

現在はラーニングエッジ株式会社エグゼクティブ・コンサルティンググループにて
経営者、個人事業主、ビジネスパーソンと共に事業成長のサポートと自社セミナーの集客などを行う。

セミナー参加者の声

湘南美容外科クリニック 相川佳之様
湘南美容外科クリニック 相川佳之様
 
当院は、今では業界トップになることができましたが、セミナーズから教えてもらったマーケティングを、ただ実行してきただけなんです。本当にそれだけです。そのコンテンツがあまりにも濃く一度学んだだけでは消化しきれないと思いますので、繰り返し、繰り返し学ぶことをお勧めします。
セミナーを受けてからもう数年たちますが、今でも紹介された書籍やセミナーのテキストを読み返しては復習しています。

株式会社A.Style 髙橋彩様
株式会社A.Style 髙橋彩様
 
2014年にセミナーズで学んだマーケティングを活用し、新しいプロジェクト『真の健康100万人プロジェクト』が発足。プロジェクトのミッション、ビジョン、バリューを明確にし、各専門家とコラボやパートナーシップを促進。日本全国に仲間を増やし、健康セミナーやイベント開催など実践行動したことで、2年で収入は3.7倍に。

株式会社コーチエンタープライズ 諸橋奈々様
株式会社コーチエンタープライズ 諸橋奈々様
 
2010年からセミナーズのマーケティングを自社にも取り込んだ結果、それまで存在していた紹介制度が最適化し、売上の98%がクチコミと紹介で成り立つようになりました。そして、自社で実証済みの紹介制度を再構築し、その紹介システムをクライアントに導入したところ、1ヶ月で2.5倍の売上を達成するという実績をだすことができました。

ビジネスプロデューサー 今野富康様
ビジネスプロデューサー 今野富康様
 
セミナーズの提供するマーケティングの投資対効果は絶大だと感じています。私の場合は、初期費用を1カ月で回収しました。教えてもらった戦略を組み合わせた提案をしたら、すぐに年間コンサルティング契約を頂くことができたのです!また、このマーケティング戦略をベースにアドバイスをしてみたら、クライアントの収入が契約後2カ月で2倍になり、とても喜んで頂きました。こんなことなら、もっと早く学んでおけばよかったです。

その他の方のお声(一例)

  • 「全体のごく一部とはいえ、内容が大変充実していました。3日間の本講座に関しても、とても魅力的なオファーだったのですが、残念ながら今は他の講座を受講中のため、本講座の参加を見送る結果となったのですが、タイミングがあっていたら間違いなく参加していました。」
  • 「今回で2回目ですが、自分に足りない部分がはっきりと分かり、前回はぼんやり分かった気がしていたのが、今回で自分のやるべきプログラムのアウトラインがはっきり明確になりました。セミナーを受けるにしてもより明確な視点を切り口として問題解決への糸口を持つことができました。」
  • 「想像していたよりも、すごくいい内容でした。まだまだ続きを聞かせて頂きたいです。」

 

【経営者向け】広報PR×マーケティングセミナー

 
日時: 2018年7月13日(金) 14:00~17:00(受付開始 13:30)
会場: セミナーズ西新宿キャンパス
    新宿区西新宿8-4-2 野村不動産西新宿ビル4F
    ・JR新宿駅から徒歩9分
    ・丸ノ内線西新宿駅から徒歩1分
定員: 先着20名
費用: 5,000円(税込)
 
セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方は3,000円となります。

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
お名前(必須)
フリガナ
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
個人情報の取り扱い
以下にご同意いただける場合は、
チェックボックスに、チェックをお願いいたします。

ご入力いただいた情報は、
弊社ベンチャー広報および株式会社ラーニングエッジ(セミナーズ)にて共有させていただきます。

お申し込み後、双方よりセミナーに関するメールを送らせていただきます。なお、メールに対するお問い合わせおよび配信停止の手続き等は、各メールの送信元企業にご連絡ください。

お申し込み前に、弊社ベンチャー広報および株式会社ラーニングエッジ双方のプライバシーポリシーのご確認をお願いいたします。

※チェックを入れないと送信できません。
文字を入力して下さい(必須)
captcha