PR会社として、中小ベンチャー企業向けサービスにこだわる理由

中小ベンチャー・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の野澤です。

私は上場企業や大企業での広報PR担当の経験はありません。

今まで、
サラリーマン時代も含め約20年以上、広報PRの業界にいますが、ずっと、中小中堅企業、ベンチャー企業、スタートアップの広報のお手伝いばかりしてきました。

なぜ、中小ベンチャー企業の広報PRにこだわるのか、その理由は、私の原体験にあります。

約20年前、
某ベンチャー企業の広報担当者として、PRマンのキャリアがスタートしました。

広報に関して全くのド素人だったものですから、プロに手伝ってもらった方が早いと思い、複数のPR会社さんに声をかけて、見積をとりました。

すると、
出て来た見積金額は、安くても月額60万円、高い会社は、なんと月額100万円!

しかも、
最低1年契約が条件でした。年間にすると、約1000万円の費用がかかる計算です。

0666a1234bd009b530acf78b6f223105_s

当時、
私がいたのは年商2億円程度のベンチャー企業でしたから、PR会社にそんな大金を払えるはずもありません。しかも、それらのPR会社さんが提供してくれるサービス内容といえば、「まずは半年から1年くらいかけて、じっくりブランド戦略を練りましょう。」というお話でした。こちらは、明日からすぐに、新聞やテレビからバンバン取材される方法を知りたいのに、全く話が噛み合いませんでした。

その数年後、
私はある中堅のPR会社に転職します。入社してすぐに、知り合いのベンチャー企業の社長から「うちの会社のPRを手伝って欲しい」と声をかけて頂きました。あまり予算がないが月額20万円×3ヵ月契約ならなんとか、ということで、ほぼ発注して頂くことが決まり、社に戻って上司に報告したところ、「月額20万円しか出せない会社は、客じゃない。今すぐ断ってこい。」と言われたのです。

その時、私はわかりました。

名の知れた一般のPR会社は、月額80~100万円の料金を支払える大企業だけを相手に商売をし、中小ベンチャー企業なんて、最初から相手にしない、という現実…

私はこうも思いました。

資金が潤沢な大企業は、広報PRに頼らず、有料の広告をどんどん出せばいいではないか… 無料で宣伝できる広報PRは、お金のない中小ベンチャーにこそ必要なのに、そこにサービスを提供するPR会社がないのはおかしい、と。

そういう会社がないなら、自分で作ってしまえ!ということで、日本でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立しました。

この『広報PR通信・ベンチャー広報スタイル』で私が紹介する広報PRのノウハウは、PR業界の中では、非常識な手法・ノウハウもあるかもしれません。

ただ、
中小ベンチャー企業が広報PRで成果を出すためには必ず役に立つものだと自負しています。

なぜなら、
私が実践して結果を出してきた手法・ノウハウだからです。

逆襲の広報
(この書籍には、そんな広報PRノウハウをギュギュっと詰め込みました)

もし、

  • 「今のPR会社に満足していない」
  • 「PR会社に広報PR業務のコンサルティングを受けることを検討中」
  • 「PR会社に広報PR業務を委託することを検討中」

などのお悩みや課題がございましたら、

下記フォームより、お気軽にお問い合わせください。

野澤直人

 

個別無料相談

お問い合わせ内容
会社名(必須)
フリガナ
ご担当者(必須)
フリガナ
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

2019/2/5 広報PRセミナー
『ニュース番組の違いは「組織」を見ればわかる』
民放キー局・現役プロデューサーがわかりやすく解説

 
こんにちは。ベンチャー広報の野澤です。

「テレビ番組から取材されたいのですが、どうしたらいいでしょうか」
これは広報担当者の方から頂く最も多いご相談のひとつです。

まずやるべきことは、
テレビ番組を実際に視聴して、取材されたい番組の報道内容をしっかり分析することでしょう。

ですが、
一流の広報マン、PRパーソンを目指すなら、それだけでは不十分です。

例えば、
テレビのニュース番組・情報番組といっても、放送される時間帯によって、「狙っている視聴者のターゲット」「取り上げられやすいネタ」「コンタクトすべき相手(テレビ局のスタッフか、制作会社か等)」などが大きく異なります。これらの番組特性を深く理解することではじめて、テレビ番組に対してより効果的な広報活動ができるようになるのです。

そこで今回、
民放キー局の現役プロデューサーを講師にお招きし、「朝の情報番組」「昼のワイドショー」「夕方のニュース番組」「夜の報道番組」の違いについて、わかりやすく解説してもらうセミナーを企画しました。

  • 地上波のニュース番組は「朝」「昼」「夕方」「夜」「ストレート」の5種類
  • この5種類で「組織」「ニュースの作り方」「好きなネタ」は全く違う
    「朝」「昼」「夕方」「夜」それぞれのニュース番組のコンセプトの違いとは
  • 朝のニュース番組の組織体制は、制作会社主導の●●●制
  • 昼のニュース番組が狙っている視聴者ターゲットを理解する
  • 夕方のニュース番組の特集は●●●●●が多い
  • 夜のニュース番組を狙う場合、コンタクトすべき相手とは
  • 番組によってこんなに違う「ネタを提供すべき時期」
  • 「今話題のインターネット放送局」が求めているニュースとは?

ぜひこの機会に、テレビ番組の制作現場についての知見を深めてください。
それが広報担当者としてのレベルアップにつながるのは間違いありません。

本企画の参加者特典 …
名刺交換していただけるよう、講師(民放キー局・現役プロデューサー)にご快諾いただきました。

<講師プロフィール>
民放キー局で報道番組制作経験20年以上。夕方ニュース、夜のメインニュース、朝のワイドショーなどの報道番組でディレクター・チーフディレクター・プロデューサーを歴任。インターネットニュースなどの制作経験も持つ現役の民放キー局プロデューサー。

広報PRセミナー 2019年2月5日(火) 14:00~

『ニュース番組の違いは「組織」を見ればわかる』
 民放キー局・現役プロデューサーがわかりやすく解説

<セミナー概要>
日時: 2019年2月5日(火) 14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID(東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名
費用: 8,000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は、3,000円割引となり、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。

 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha