「記者」「デスク」「キャップ」の違いとは?

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

広報PRの仕事で新聞社の方にお会いすると様々な肩書きの方がいらっしゃいますよね。

例えば、
・「記者」
・「デスク」
・「キャップ」

これらは、
全て新聞社で報道にたずさわる方の役職・肩書きですが、それぞれ社内での役割や仕事の仕方が全く異なります。

その違いをきちんと理解していないと広報活動はうまくいきません。

今回は、
新聞社における肩書き別の役割についてまとめました。

記者

新聞社に広報活動をする上で、もっとも重視すべきなのが「記者」です。
新入社員から年配の方まで、年齢も幅広く人数も多い。

自分でネタを見つけて原稿を書くのが彼らの仕事です。

「記者」「デスク」「キャップ」の違いとは?

基本的に個人単独で行動し、日中は外で取材、夕方に帰社して夜までに原稿を書く、という行動パターンを繰り返します。

彼らの最大の特徴は、
いつ、何を取材するかを、上司に相談せず、彼ら個人の判断で決められること。

したがって、
取材をお願いするなら「記者に直接」というのが手っ取り早いです。

逆に、
取材をして原稿を書くまでの権限はありますが、その原稿を紙面に掲載するかどうかの権限は持っていないというのがポイントです。

デスク

記者の上司にあたるポジションです。
彼らは基本的に原稿を書きません。

記者からあがってきた原稿内容をチェックし、ニュースバリューを判断して、紙面に掲載するかどうか、どのくらいの大きさの記事にするかを決めるのが彼らの仕事です。

「記者」「デスク」「キャップ」の違いとは?

記者とは異なり、
彼らは外に出て取材することはあまりありません。

日中でも社内にいるので、
電話するとつかまりやすいですが、残念ながら彼らには取材するかどうかを決める権限はありません。

デスクに取材をお願いすると、
「僕の部下に取材を検討するように言っておきますね」と言われることが多いです。

その後、
記者から取材の依頼があることもあれば、ないこともあります。

そのあたりは、
提供したネタのニュースバリューやデスクと記者との力関係次第です。

キャップ

記者の中でリーダー的な役割を果たすベテラン記者のことをこう呼びます。

「記者」「デスク」「キャップ」の違いとは?

一般の記者に比べて、
人数は少なく、社内でも一目置かれる存在です。

スクープ取材など重要なミッションを任されることも多いです。

彼らは一般の記者と異なり、
配下に複数の記者を従えて、部下の教育をしながら、チームで取材活動を行うことがあります。

キャップ=実力のある記者であり、
彼らは上司であるデスクにも影響力を与えます。

本来、
原稿を紙面に掲載する権限は記者にはないのですが、「デスク、この原稿は面白いので、紙面で大きく掲載してください」とキャップが進言すると、それが通ったりします。

いかがでしょうか。

新聞社の方と名刺交換をする際には、ぜひ肩書きに注目してみてください。


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

2019/4/22 広報PRセミナー
『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』

 
こんにちは。ベンチャー広報の長崎です。

広報担当者の方に質問します。
「テレビ番組から取材されたい」場合、どういったアクションを行っていますか?

 
広報の方は、
報道分析を行って、番組の絞り込みも行っているでしょう。

次のステップとして、
おそらく多くの方が、取り上げてほしい番組宛てに、プレスリリースや資料をFAX、郵送、メールで送るといったアクションをされていると思います。

しかし、ご存知でしょうか。

番組の内容を決定する会議ではあなたが送ったプレスリリースは、そのままテーブルに置いてあることはまずありません。

では、リリースはどこへ行ってしまったのでしょうか。

リリースを送った後、自社の情報がどのように扱われ、番組で取り上げられていくのか、この流れまでご存知の方はそう多くないと思います。

しかし、リリースなど会議のために集められた情報は、形を変えて会議に登場し、ネタが厳選され取材・放送されています。

では、
形が変わったリリースは、誰が・いつ・どのような資料を作って、会議に上がったのでしょうか。
そして、どのようにして取材することが決まったのか、ご存じでしょうか。

普段私達はなかなか知ることがありませんが、放送に至るまで沢山の人を通り過ぎ、日々テレビに映し出されているのです。

そして、その特性や流れを理解することは、
『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』にもつながり、取材される可能性が高まります。

そこで今回は、
このテレビの仕組みに非常に深く精通しているスペシャルゲストをお迎えしました。

今回のスペシャルゲストは、
現役放送作家・須平敦宣氏。

  • 「めざましテレビ」
  • 「みんなのニュース」
  • 「白熱ライブビビット」
  • 「徹子の部屋」
  • 「ありえへん∞世界」などを手がけ、

業界歴は20年以上、
過去担当した番組は700番組を超え、
情報番組からバラエティー番組まで幅広く担当されています。

テレビ業界の中心にいる放送作家の視点で、テレビの考え方・情報の集め方、プレスリリースの行方、企画はどのように決まっていくのか、思わず目を止めるプレスリリースはどんなものか、効果的なアプローチ方など、メディア側からみた取り上げたくなる広報PRについて、トークセッション形式でお届けします。
 

『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』

 〜 現役放送作家がTVの裏側、キーマンを教えます 〜

 
<セミナー概要>
日時: 2019年4月22日(月) 14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
   (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名
料金: 8000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は3,000円割引となり、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。

<スペシャルゲスト・プロフィール>
須平敦宣(すびらあつのり)放送作家

三重県出身。早稲田大学を卒業後、放送作家事務所「オフィスぼくら」に所属。情報番組、バラエティ−、ドキュメンタリーなどこれまで手がけたテレビ番組は700本を超える。
現在、多数の番組制作に携わる一方、25年以上に渡りテレビ界で培ってきた「人が面白がるものを生み出す」という放送作家ならではの発想術を活かした「おもしろコンサルティング」としての活動を開始。各種企業、飲食業、大学広報、イベント事業、地方行政など様々なプロジェクトで活躍している。

<ファシリテーター>
株式会社ベンチャー広報 長崎範子

PR業界歴11年。ベンチャー広報入社8年目。これまで調理器具、幼児教育、介護、ビジネススクール、防犯機器、インバウンドビジネス等、幅広く広報PRを担当。PRを学びたい企業に向けてコンサルティング業務も行う。スタートアップ〜中堅企業の、企業成長のための機動力となるスピード感のある広報PRを得意としている。これまで数多くのTV取材を獲得しており、短期間でも狙った結果を残す広報活動に定評がある。多くの企業の広報活動を支援している。

 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha