2018/12/26

「報道記者」と「ディレクター」の違いとは?

ベンチャー広報スタイル

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

新聞社における
・「記者」
・「デスク」
・「キャップ」の違いについては、
こちらのコラムにで書いていますが、

今回は、
テレビ局についてです。

広報PRに関わる方であれば、
・「プロデューサー」
・「ディレクター」
・「アシスタントディクレター(AD)」
の違いについてはある程度ご理解頂いていると思います。

広報活動を行う上で、
基本的にもっとも重視すべきなのは「ディクレクター」です。

ここまでは大丈夫ですよね?

テレビ番組への露出を狙う上で、
マークすべきポジションがもうひとつあります。

それが「報道記者」です。

※新聞記者と区別するため、あえてこのように呼びます。

広報PRに携わっていても「ディレクター」「報道記者」の違いを、きちんと理解している方は意外と少ないかもしれません。

例えば、

NHKでは、
そもそも採用時の入り口が、
「ディレクター」と「報道記者」では異なります。

それだけ、
役割や求められる能力が違うということです。

その役割の違いを大まかにいうと、

自分の持ち場(取材を担当している分野)を拠点に、深く取材対象に入り込んで情報を取るのが報道記者で、そうした情報をベースに番組を構成して仕上げるのがディレクターということになります。

組織的に言うと、
民放ではディレクターと報道記者は、所属部署が異なるのが普通です。
・「ディレクター」→ 情報制作局
・「報道記者」→ 報道局
というパターンが多いですね。

ディレクターは特定の番組に所属し、
その番組用に取材をしたり映像を作るので、「番組ディレクター」と呼ばれたりします。

一方、報道記者は、
特定の番組に所属せず、自分の取材した原稿や映像をさまざまな時間帯の番組(主にニュース番組)に提供するのが普通です。

「ディレクター」と「報道記者」の特徴や仕事について、わかりやすくまとめると下記の通りです。

ディレクター

彼らの仕事は「面白い映像を作ること」です。

「ディレクター」と「報道記者」の違いとは?

テレビ番組制作の責任者として、番組の企画立案から現場での取材・収録、VTRの編集、テロップ作成まで、幅広い作業を行います。

基本的に彼らは裏方ですから、レポーターとして、テレビの画面に映ることはありません。

いわば、
映像制作の職人です。

取材対象が幅広いため、短期勝負で特ダネやスクープを取ってくるのは苦手です。

逆に、
じっくり時間をかけて取材を行い、尺(放送時間)の長い、深堀した内容の番組や映像を作るのを得意とします。

報道記者

彼らの仕事は「ニュース性の高い情報をキャッチし、テレビを通じていち早く報道すること」です。

「ディレクター」と「報道記者」の違いとは?

ディレクターとのわかりやすい違いは、報道記者は、テレビの画面に登場しレポーターとして、現場から直接視聴者にニュースを伝えるということでしょう。

しかし、
それは彼らの仕事のほんの一部にすぎません。

彼らの強みは、映像制作力ではなく、情報収集力=取材力にあります。

実は、
大多数の報道記者はテレビ画面に登場することはありません。

新聞記者と同じフィールドで切磋琢磨しながら、特ダネやスクープを求めて、日夜、地道な取材活動を続けています。

「新聞記者」とテレビの「報道記者」の違いですが、「取材して記事を書く」という意味では、彼らは全く同じ仕事をしています。異なるのは、ニュースの表現方法です。

報道記者が現場で書いた原稿は、
活字として報道されるのではなく、テレビ局に送られ、スタジオでアナウンサーによって読み上げられます。

また、
「報道記者はしゃべれてナンボ」といわれます。これが新聞記者と大きく異なる点です。

大きな事件・事故の場合は、現場に中継車が来て、テレビカメラの前で、生中継でレポートすることもあれば、スタジオで記者が解説するというケースもあります。

肩書・役割・業務内容を理解しておくことは、取材獲得やメディア露出を実現するための、基本の「き」なのです。

野澤直人

 


 
 
 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

 

2019/6/5 広報PRセミナー
『さんまのス―パ―からくりTV』『金スマ』を手掛けた
元TBSプロデューサーが語る「広報PRのアイデア発想法」

 
広報担当者には、マスコミにとってニュース性のある企画や斬新なアイデアを出す能力が求められます。

そのベースとなるのは、マスコミ、広告、ネット媒体、SNS等についての最先端の知識と、メディアリテラシー(メディアに関する深く広い教養)です。

そこで今回は、メディアに関する最先端の教養を学びながら、広報担当者としての「企画力」「アイデア力」「発想力」を鍛えるためのセミナーを企画しました。

「さんまのスーパーからくりテレビ」「金スマ(中居正広の金曜日の妻たち)」など、TBSの人気バラエティ番組を手掛けた元TBSプロデューサー 角田陽一郎氏”に、「広報PRアイデア発想法」をテーマに講演して頂きます。

<セミナーコンテンツ>

  • 最前線で活躍するメディア人が語る「次世代のメディア論」
  • これからは広告ではなく「告広」の時代
  • 広報担当者が知っておくべき「テレビ番組の0次利用」とは
  • 企画や広報やPRが不発におわる理由
  • 元TBSプロデューサーが語る人気情報番組の攻略法
  • マスコミ視点で語る「マスコミへの実践的アプローチ」
  • 無名企業の作るパンツが世界中の著名人やセレブに愛される大ヒット商品になったワケ

<講師プロフィール>

バラエティプロデューサー
角田 陽一郎

1994年にTBSテレビに入社。元TVプロデューサー、ディレクターとして「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「EXILE魂」など、主にバラエティ番組の企画制作をしながら、2009年ネット動画配信会社を設立。映画監督、音楽フェスティバル開催、アプリ制作、舞台演出など多種多様なメディアビジネスをプロデュース。2016年12月31日付でTBS退社。2017年1月より「オトナに!」(TOKYO MX)、「イク天~イクぜ、バンド天国」(BS-TBS)などプロデュース。
 
 

『さんまのス―パ―からくりTV』『金スマ』を手掛けた
元TBSプロデューサーが語る「広報PRのアイデア発想法」

<セミナー概要>
日時: 2019年6月5日(水)14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
   (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着30名
料金: 8,000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。
 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名必須
フリガナ
参加者名必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
住所必須
領収書の宛名必須
文字を入力して下さい必須
captcha