ベンチャー企業の広報活動に求められるスキルとスタンス

PR会社 ベンチャー広報の野澤です。

広報活動において、
最も主要なステークホルダーは、もちろんメディアですが、活動範囲という観点では、社内だけでなくお客様にも協力をお願いしたり、経営陣とすり合わせを行ったりと向き合う人々は多岐にわたります。

広範な範囲での活動が求められる広報マンには、どのようなスキルとスタンスが必要でしょうか。

広範な守備範囲

仕事は、大まかに企画・管理、資料作成、コミュニケーションに分けられます。

一般的に広報活動は、

  • 企画
    自社や自社商品が話題になるような見せ方を考え、さらにメディアごとに特性を理解した上で切り口を考える
  • 管理
    PR計画の進行管理、イメージ管理
  • 資料作成
    ニュースリリース、取材前後の補足資料、報告書
  • コミュニケーション
    情報収集、取材誘致、取材対応

といったものに分けられます。

行動力とスピード

必要なスキルは、
とにかく行動力、次に企画力とスピードですね。

繰り返しますが、
必要なスキルは、「行動力(積極性)」「企画力」「スピード」です。

上述のような仕事をたった1人でこなさないといけなかったり、(すでに有名な企業に比べて)取材誘致時に工夫が必要なことが多いベンチャー企業の広報活動において、受け身な人ではそもそも話になりません。

『行動力はすべての基礎』と言えます。

ただし、
むやみに行動しても意味がないので、企画力も重要です。

必ずしも、商品が毎回メディア受けするとも限らないため、どんなものでもメディアに取り上げられるように魅せる企画力など、引き出しの多さが求められます。

そして、
レスの早い広報は何よりメディアから好まれます。

オープンマインド、かつ誠実さ

オープンかつ、できる・できないをハッキリ言う誠実なスタンスが好まれます。

このオープンかつ誠実なスタンスは、スキルと同じくらい重要です。

まずは、
「答えられるものは何でも答えますよ」
という姿勢があればその人とコミュニケーションを取ろうという気持ちになります。

そして、
大切なのが、誠実さ。

新聞記者やTV番組のディレクターは口を揃えて言いいます、「できる、できないをはっきり言う広報やPR会社の人と仕事をしたい」、なのです。

「例えば飲食店での打ち合わせシーンを撮影したい時、それが社内・飲食店どちらの確認中なのか、あるいは撮影不可なのか、とにかく正確なステイタスが知りたい」などというコメントには、とても納得がいきます。

メディア人脈は、結果としてついてくる!?

上述のようなスキルとスタンスがあれば、自然とメディア人脈もついてきます。

次々と掲載やオンエアを決めてくる優秀な広報マンたちを見ていると、スキルとスタンスに加え、上手くいかないことがあっても引きずらない前向きさと柔軟性、相手を不愉快にさせない情熱、相手が求めるものを瞬時に察知する力などを持ち合わせています。

広報担当者やPRパートナーの優秀さはコミュニケーション力、ひいてはどれほどメディア人脈があるかで計ることができると言われることもあるようです。

無論、PRパートナーに求められるメディア人脈の重要度は当然高くなります。

広報初心者であっても、
上記のスキルとスタンスがあればコミュニケーション力はついてくるので、たとえ現時点でメディア人脈がゼロでも、時間が経てば自然と増え、求める成果へと近づくことができますので、

広報に携わる方には、ぜひ、
「広報」という仕事の醍醐味を楽しみながら、「広報」を極めてもらいたいと思います。


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

2019/4/22 広報PRセミナー
『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』

 
こんにちは。ベンチャー広報の長崎です。

広報担当者の方に質問します。
「テレビ番組から取材されたい」場合、どういったアクションを行っていますか?

 
広報の方は、
報道分析を行って、番組の絞り込みも行っているでしょう。

次のステップとして、
おそらく多くの方が、取り上げてほしい番組宛てに、プレスリリースや資料をFAX、郵送、メールで送るといったアクションをされていると思います。

しかし、ご存知でしょうか。

番組の内容を決定する会議ではあなたが送ったプレスリリースは、そのままテーブルに置いてあることはまずありません。

では、リリースはどこへ行ってしまったのでしょうか。

リリースを送った後、自社の情報がどのように扱われ、番組で取り上げられていくのか、この流れまでご存知の方はそう多くないと思います。

しかし、リリースなど会議のために集められた情報は、形を変えて会議に登場し、ネタが厳選され取材・放送されています。

では、
形が変わったリリースは、誰が・いつ・どのような資料を作って、会議に上がったのでしょうか。
そして、どのようにして取材することが決まったのか、ご存じでしょうか。

普段私達はなかなか知ることがありませんが、放送に至るまで沢山の人を通り過ぎ、日々テレビに映し出されているのです。

そして、その特性や流れを理解することは、
『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』にもつながり、取材される可能性が高まります。

そこで今回は、
このテレビの仕組みに非常に深く精通しているスペシャルゲストをお迎えしました。

今回のスペシャルゲストは、
現役放送作家・須平敦宣氏。

  • 「めざましテレビ」
  • 「みんなのニュース」
  • 「白熱ライブビビット」
  • 「徹子の部屋」
  • 「ありえへん∞世界」などを手がけ、

業界歴は20年以上、
過去担当した番組は700番組を超え、
情報番組からバラエティー番組まで幅広く担当されています。

テレビ業界の中心にいる放送作家の視点で、テレビの考え方・情報の集め方、プレスリリースの行方、企画はどのように決まっていくのか、思わず目を止めるプレスリリースはどんなものか、効果的なアプローチ方など、メディア側からみた取り上げたくなる広報PRについて、トークセッション形式でお届けします。
 

『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』

 〜 現役放送作家がTVの裏側、キーマンを教えます 〜

 
<セミナー概要>
日時: 2019年4月22日(月) 14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
   (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名
料金: 8000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は3,000円割引となり、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。

<スペシャルゲスト・プロフィール>
須平敦宣(すびらあつのり)放送作家

三重県出身。早稲田大学を卒業後、放送作家事務所「オフィスぼくら」に所属。情報番組、バラエティ−、ドキュメンタリーなどこれまで手がけたテレビ番組は700本を超える。
現在、多数の番組制作に携わる一方、25年以上に渡りテレビ界で培ってきた「人が面白がるものを生み出す」という放送作家ならではの発想術を活かした「おもしろコンサルティング」としての活動を開始。各種企業、飲食業、大学広報、イベント事業、地方行政など様々なプロジェクトで活躍している。

<ファシリテーター>
株式会社ベンチャー広報 長崎範子

PR業界歴11年。ベンチャー広報入社8年目。これまで調理器具、幼児教育、介護、ビジネススクール、防犯機器、インバウンドビジネス等、幅広く広報PRを担当。PRを学びたい企業に向けてコンサルティング業務も行う。スタートアップ〜中堅企業の、企業成長のための機動力となるスピード感のある広報PRを得意としている。これまで数多くのTV取材を獲得しており、短期間でも狙った結果を残す広報活動に定評がある。多くの企業の広報活動を支援している。

 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha