大企業のPRと中小ベンチャー企業のPRは全く異なる

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の野澤です。

広報PRには、

  • 「攻めの広報」と、
  • 「守りの広報」の、

2つがあります。

大企業の広報担当者、もしくは大企業がメインクライアントである大手PR会社では、「守りの広報」に関するノウハウや技術が重視されます。製品の不具合や社員の不祥事など、自社のネガティブな話題の報道をおさえて自社のダメージを最小限にするのが「守りの広報」です。「危機管理広報」ともいわれます。

場合によっては、
「変な報道をしたら、そちらの媒体への広告出稿を止めますよ」といって、メディア側に圧力をかけることすらある世界です。

逆に大企業において、
ポジティブな話題をメディアに多く取り上げてもらう「攻めの広報」はそれほど難しくありません。

新商品発表など、
ある程度のニュース性のある話題であれば、プレスリリースをばらまいただけで取材は来ますし、記者会見をすれば、マスコミはある程度集まります。

一方、
中小ベンチャー企業では「守りの広報」がほとんど必要ないかわりに、「攻めの広報」はかなり難易度が高いといえます。

中小ベンチャー企業の話題は、
大手企業に比べてニュース性が低いとみられがちなので、発信する情報をわかりやすく、かつ、その情報を求めている人(記者、編集者)に的確に伝える努力が不可欠だからです。

このように、

  • 「大企業の広報活動」と、
  • 「中小ベンチャー企業の広報活動」は、

同じ広報PRでも、似て非なるものだといえるでしょう。

私が以前、
某ベンチャー企業の広報担当者であった当時、PR会社に相談をした時のことです。その見積金額の高さ(月額60万円~100万円)に大変驚きました。そして同時に、その提案内容があまりにミスマッチであることに、大変戸惑ったという記憶が鮮明に残っています。

大手PR会社は、

  • 「守りの広報」
  • 「危機管理広報」

については詳しいものの、
「攻めの広報」、特に、一般的に報道されづらい中小ベンチャー企業の話題をどうメディアに売り込むか、という具体的な提案がほとんどなかったのです。

当時は、
経験不足で、正直なところ、あまりよくわかっていなかったのですが、その後、大企業の広報の方や大手PR会社の方と親しくなり、様々なお話しをお伺いする中で、

大企業と中小ベンチャー企業の広報活動は、(極端な言い方をすれば、)真逆なんだ、
と感じるようになったという、経験談でした。


 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

2019/4/22 広報PRセミナー
『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』

 
こんにちは。ベンチャー広報の長崎です。

広報担当者の方に質問します。
「テレビ番組から取材されたい」場合、どういったアクションを行っていますか?

 
広報の方は、
報道分析を行って、番組の絞り込みも行っているでしょう。

次のステップとして、
おそらく多くの方が、取り上げてほしい番組宛てに、プレスリリースや資料をFAX、郵送、メールで送るといったアクションをされていると思います。

しかし、ご存知でしょうか。

番組の内容を決定する会議ではあなたが送ったプレスリリースは、そのままテーブルに置いてあることはまずありません。

では、リリースはどこへ行ってしまったのでしょうか。

リリースを送った後、自社の情報がどのように扱われ、番組で取り上げられていくのか、この流れまでご存知の方はそう多くないと思います。

しかし、リリースなど会議のために集められた情報は、形を変えて会議に登場し、ネタが厳選され取材・放送されています。

では、
形が変わったリリースは、誰が・いつ・どのような資料を作って、会議に上がったのでしょうか。
そして、どのようにして取材することが決まったのか、ご存じでしょうか。

普段私達はなかなか知ることがありませんが、放送に至るまで沢山の人を通り過ぎ、日々テレビに映し出されているのです。

そして、その特性や流れを理解することは、
『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』にもつながり、取材される可能性が高まります。

そこで今回は、
このテレビの仕組みに非常に深く精通しているスペシャルゲストをお迎えしました。

今回のスペシャルゲストは、
現役放送作家・須平敦宣氏。

  • 「めざましテレビ」
  • 「みんなのニュース」
  • 「白熱ライブビビット」
  • 「徹子の部屋」
  • 「ありえへん∞世界」などを手がけ、

業界歴は20年以上、
過去担当した番組は700番組を超え、
情報番組からバラエティー番組まで幅広く担当されています。

テレビ業界の中心にいる放送作家の視点で、テレビの考え方・情報の集め方、プレスリリースの行方、企画はどのように決まっていくのか、思わず目を止めるプレスリリースはどんなものか、効果的なアプローチ方など、メディア側からみた取り上げたくなる広報PRについて、トークセッション形式でお届けします。
 

『TV制作者が思わず声をかけたくなる広報の仕掛け作り』

 〜 現役放送作家がTVの裏側、キーマンを教えます 〜

 
<セミナー概要>
日時: 2019年4月22日(月) 14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
   (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名
料金: 8000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(Kindle版含む)は3,000円割引となり、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。

<スペシャルゲスト・プロフィール>
須平敦宣(すびらあつのり)放送作家

三重県出身。早稲田大学を卒業後、放送作家事務所「オフィスぼくら」に所属。情報番組、バラエティ−、ドキュメンタリーなどこれまで手がけたテレビ番組は700本を超える。
現在、多数の番組制作に携わる一方、25年以上に渡りテレビ界で培ってきた「人が面白がるものを生み出す」という放送作家ならではの発想術を活かした「おもしろコンサルティング」としての活動を開始。各種企業、飲食業、大学広報、イベント事業、地方行政など様々なプロジェクトで活躍している。

<ファシリテーター>
株式会社ベンチャー広報 長崎範子

PR業界歴11年。ベンチャー広報入社8年目。これまで調理器具、幼児教育、介護、ビジネススクール、防犯機器、インバウンドビジネス等、幅広く広報PRを担当。PRを学びたい企業に向けてコンサルティング業務も行う。スタートアップ〜中堅企業の、企業成長のための機動力となるスピード感のある広報PRを得意としている。これまで数多くのTV取材を獲得しており、短期間でも狙った結果を残す広報活動に定評がある。多くの企業の広報活動を支援している。

 
 

お申し込みフォーム

申込内容
会社名(必須)
フリガナ
参加者名(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
お電話番号(必須)
住所(必須)
領収書の宛名(必須)
文字を入力して下さい(必須)
captcha