2019/03/08

1人の親しい記者は、千通のプレスリリースにまさる

広報PRノウハウ

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の野澤です。

弱小プロレス団体が日刊スポーツに取り上げられたことがあります。

弱小も弱小、
相当のプロレス通でも「聞いたことないな」という方がいらっしゃるほどのマイナーな団体です。

しかも、
囲みの小さな記事ではなく、1ページの2/3以上を使って、同団体が紹介されたのです。広告費に換算したら数百万円は下らないはずです。

なぜ、
弱小団体の記事がこれほど大きく取り上げられたのでしょうか。団体の代表に話を伺わせていただいたのですが、成功のポイントは2つありました。
「マスコミ人脈」と「企画力」です。

プレスリリースを不特定多数に1000件送るよりも、親しい記者1人に直接会ってリリース内容を説明した方が、記事になる可能性は高いです。人脈は強いですよね。

「マスコミ人脈を作る」というと、
とても大変なことに感じるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

誰でも、
最初はマスコミ人脈ゼロからスタートします。マスコミ関係の知り合いが何十人、何百人といる必要はないのです。

まずは、
1人でOKです。3人できれば十分でしょう。

ただし、
この3人はただ単に名刺交換をした程度では不十分です。いつでも電話やメールで連絡が取れて、気軽に食事したり飲みに行ったりできる深い仲である必要があります。

マスコミ人脈は数ではなく、深さがより重要です。
「今、特集でこんなネタを探しているのだけど、いいネタないかな?」と相手から相談されるようになれば本物でしょう。

人脈が深くなれば、次のような協力を得ることができます

  • 別のマスコミ関係者の紹介
  • 先々の特集予定の紹介
  • プレスリリースの内容についてのアドバイス

マスコミ関係者(記者、編集者、ディクレクター)に深い友人が3人できたら、あなたの広報活動は飛躍的にうまくいくようになるはずです。

では、
その3人をどう作るか?
それについては、あらためてでご案内いたします。

野澤直人

 


 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 
 


 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 
 


 
 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。