2019/03/13

4月はマスコミ関係者も人事異動の季節です。

広報PRノウハウ

ベンチャー企業・スタートアップのためのPR会社 ベンチャー広報の野澤です。

例年4月は多くの企業で人事異動が行われますが、マスメディアも例外ではありません。

勝手な話ではありますが、
企業広報・PR担当者からすると手間ひまをかけて探し出し、その方との人間関係を作り、何度も自社の記事を書いてくれた記者が人事異動でまったく関係のない部署へ異動してしまったときのショックといったら・・・

しかしこれは宿命ですので、受入れるしかありません。

今回はそれをふまえて、
マスコミ関係者の人事異動にどう対処すべきかを書きたいと思います。

マスコミ関係者の人事異動にどう対処すべきか

まず大事なことは、
異動の情報をいち早くキャッチすることです。

取材のお願いで記者に電話をしたら、
「○○は先月異動してもういませんが・・・」これは最悪です。

通常は異動日の1ヵ月から2週間前には内示が出ているはずですから、記者が異動してしまうまえにその情報を掴み、後任の方を紹介してもらいましょう。

余談ですが、
マスメディアでも人事異動の際には前任と後任の間で引き継ぎが行われます。

その際、
広報担当者やPRパーソン、PR会社についても、「情報源として有用な人(会社)」「付き合うべきではない人(会社)」という具合に、申し送りがなされています。

ですから、
一度、記者に悪印象を与えたり、問題を起こすとその記者が異動した後も、悪影響が続きますから注意が必要です。

異動でいなくなる記者の方に対する接し方も大切です。

「後任さえ紹介してもらえば、いなくなるからあとは関係ない」ではいけません。

何度か取材でお世話になった記者さんなら、お礼の気持ちを伝えるために、ご挨拶にいくべきですし、場合によっては送別会を開いてもいいと思います。

これは純粋に「感謝の気持ちを伝える」という以外に、実はビジネス的な意味もあります。特に全国紙の記者は、2~3年ごとに地方の支局を含めて、いろいろな部署をまわります。

例えば、
全国紙の生活報道部にいた記者が、地方の支局に行き、数年後に生活報道部のデスクとしてもどってくる、なんてことが良くあります。

ですから、
自分と関係ない部署に異動になった記者とも連絡を取り続け、長いお付き合いをすれば、それがゆくゆくは強力なマスコミ人脈になるのです。

では、
人事異動を早めにキャッチするにはどうしたらいいのでしょうか?

人事異動を早めにキャッチする方法

そこで問われるのは、自分とその記者さんとの関係性です。

普段のお付き合いを通じて、自分がその記者の役に立っていれば、記者の方から「いついつ異動になります。お世話になりました。後任は○○ですので、よろしくお願いします」とご挨拶のメールがきたりします。

これが最高の形ですね。

とはいえ、記者も忙しいですから、
いちいち広報・PR担当者に異動の連絡などしない場合がほとんどです。

そうなると、
こちらである程度、異動の時期を探る必要が出てきます。

普段から記者ごとにその部署での在籍期間を把握しておきましょう。

同じ部署で2年以上在職している記者は異動する可能性が高い。

そうした記者については、
人事異動が行われる4月と10月の前に、さりげなく異動の有無を確認しておくといいと思います。

また、
4月に入ったばかりのこのタイミングは、後任記者との関係を深める絶好の機会とも言えます。というのも、新しい異動先で記事を書くには、前任記者から申し送り情報のほかに記者自身で担当業界の情報収集が必要になってくるため後任記者が独自で情報集めをしていることがあります。

このタイミングで、
「この業界ではこういう流れがある」といった業界トレンド情報や業界内ではもはや暗黙の了解となっている「業界の背景」など、記者が知らない業界情報を提供することで、自分を”有益な情報源”として認識してもらえるきっかけになります。

人事異動の
準備が始まるこの時期、
どの業界でも忙しくしているかと思いますがこの時期こそ、マスコミとの関係性を深められる機会ととらえ、積極的に連絡を取ってみてはいかがでしょうか。

株式会社ベンチャー広報 野澤直人

 


 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップ専門のPR会社・ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 
 


 
 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

『プレスリリースは送るな!』
小さな会社のための【超・実践】広報セミナーPR 2019.11.27


 
 
お世話になっております。
ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。

「広報PR」は、
中小ベンチャー企業にとって、お金を掛けずにブランディングと販売促進を実現できる、非常に効果的な経営戦略です。

経営者様、広報PR担当者様、こんな課題を抱えていませんか?

「広報活動に力を入れて、商品・サービスをもっともっとアピールしたい!」

広報PRの特徴は、

  • マスコミを使って無料で宣伝できる
  • テレビなどに出れば高い販促効果を得られる
  • 商品・サービス・会社の信頼性が上がる
  • 既存社員のロイヤリティ、モチベーションアップに繋がる
  • 優秀な社員が採用しやすくなる
  • 記事などを営業用ツールとして活用できる

など、会社の成長戦略にとって、様々なポジティブ・インパクトをもたらします。

『プレスリリースは送るな!』
小さな会社のための【超・実践】広報PRセミナー 2019.11.27

<セミナー概要>
日時: 2019年11月27日(水) 13:00~14:30(受付開始 12:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
   (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名様
費用: 8,000円(税込) ただし、↓↓↓

「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちの方は、5,000円となります。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
 

お申し込みはこちら

 


 
 
一般的に行われている広報活動の欠点や、驚くほどの低コストで自社をPRするシンプルな方法など、中小ベンチャー企業が、マスコミに取材をされるための効果的な広報PR手法をお伝えいたします。

<講演概要>
・ マスコミを使って自社商品を無料で宣伝する方法とは
・ プレスリリースに頼らない、目からウロコのPR手法
・ 成功事例の紹介:社員数名の会社にテレビ取材が殺到した理由

<講師>
野澤直人
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

<広報PR 成功事例>
本セミナーで紹介する広報PR手法によって、下記のような成功事例が挙がっています。

~ A社(調理器具製造/販売) ~
広報活動を開始後、約6ヶ月間で、日本テレビ「PON!」「スッキリ!!」、フジテレビ「めざましテレビ」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、テレビ朝日「スマステーション」「やじうまテレビ!」などで露出。初回生産分5,000個が完売し、入荷待ちの人気商品に!

~ B社(アプリ開発)~
サービス開始から5ヶ月間で、NHK「おはよう日本」、TBS「王様のブランチ」、産経新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、Itmediaニュースなど、20媒体以上が報道。結果、100万人以上がダウンロードした人気アプリに。

~ C社(研修会社)~
会社立ち上げから2年間で、40以上の媒体に露出。
わずか1年間でクライアント企業が200社を超え、大阪進出を果たした。NHK「首都圏ネットワーク」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、日経新聞本紙朝刊、日経MJ、産経新聞、週刊ダイヤモンド、東洋経済オンライン、月刊レジャー産業、近代食堂、日本外食新聞など。

<セミナー参加者の声>
「具体的に何をすれば良いか、という呈示があったのが、たいへん参考になりました。」(ソフトウェアメーカー)
「お話いただいたノウハウ全てとても参考になりました。是非、参考にさせていただきます!」(SI・人材サービス)
「ただ多く送れば良いのではなく、興味を持って貰える方を探す方法が明確になっていて、わかりやすかった」(敎育)
「具体的にどうすれば、マスコミ露出に繋げられるかを説得力のある言葉でご説明いただいたので、非常に参考になりました。」(フリー)
「広報の近道を具体的に、わかりやすく学べました。」(商社)
「有名になってからでないと取材なんて無理だと思っていたがそうでないことがわかった。
「どうすればマスコミに取材して貰えるかという攻め方を知ることができた。」(アパレル)

 

お申し込みはこちら