2019/08/21

マスコミ人から注目される「非常識なプレスリリース」とは?

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
ベンチャー広報の野澤です。

「良いプレスリリースとは何か」
と聞かれたら、皆さんはなんと答えますか?

私が以前勤務していたPR会社に、プレスリリースにとてもこだわる先輩がいました。

リリースの書き方の基本に忠実で、文章や日本語は美しく、もちろん、誤字脱字なんてひとつもない完璧なリリースを作ります。

まさに、「プレスリリース職人」です。

ただし、残念なことに、その先輩が何日もかけて作成したリリースをマスコミに送っても、ほとんど取材が入らないのです。

そんな先輩を見て、失礼ながら私はいつも心の中で
「それって、意味がないのでは、」
と思っておりました。

大企業の広報出身者にありがちな話ですが(その先輩も大企業の広報出身でした)、リリースを書くこと自体が仕事になって自己満足してしまう人、結構多いです。

私は、プレスリリースを書いて送るのは、あくまで取材獲得のためのひとつの手段にすぎないと思っています。何十時間もかけてリリースを書いて、取材が1件もとれないなんて、私に言わせれば、それこそナンセンス。

極端に言えば、プレスリリースなんて書く必要ないんです。

リリースなしでも、記者や編集者に電話一本で取材がとれれば、そっちの方が絶対効率がいいですから。

ちなみに、
「良いプレスリリースとは何か」
と聞かれたら、私はこう答えます。
「結果的に、取材の入ったプレスリリースが良いリリースです」

私は以前、雑誌の編集者として、毎日何十枚、時には日に百枚以上のプレスリリースに目を通し、その中から取材に値する情報はないかをいつも探していました。

その経験から言えるのは、
「ありきたりのプレスリリースは読まれない」
ということです。

世の中には、基本に忠実で決まりきった書き方のプレスリリースがあふれています。
しかし、私は、リリースはもっと個性的であっていいと思います。

次に紹介するリリースはアイデアとユーモアがあったので、つい感心して読んでしまいました。

私が編集者時代に受け取った”非常識なプレスリリース”

  • プレスリリースの内容が全て4コマ漫画で書かれている!
    しかも絵がけっこう下手。
  • プレスリリースが全部手書き。しかも細かい文字でびっしりと書かれてる!
    読みづらいけど、書いた人の熱い思いが伝わってきます。
  • プレスリリースに広報担当者の顔写真がデカデカと載っている!
    その写真は女性で、しかも美人。

私は、プレスリリースの書き方にルールはないと思います。固定観念にとらわれず、自由な発想でプレスリリースを書いてみてください。きっとマスコミ人の心に刺さると思いますよ。

野澤直人

 


 
 
 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

 

『ニュース番組の違いは「組織」を見ればわかる』
元テレビ朝日・テレビプロデューサーがわかりやすく解説


 
 
こんにちは。ベンチャー広報の長崎です。

「テレビ番組から取材されたいのですが、どうしたらいいでしょうか」
これは広報担当者の方からitadakuく最も多いご相談のひとつです。

まずやるべきことは、
テレビ番組を実際に視聴して、取材されたい番組の報道内容をしっかり分析することでしょう。

ですが、一流の広報マン、PRパーソンを目指すなら、それだけでは不十分です。

例えば、テレビのニュース番組・情報番組といっても、放送される時間帯によって、

  • 「狙っている視聴者のターゲット」
  • 「取り上げられやすいネタ」
  • 「コンタクトすべき相手(テレビ局のスタッフか、制作会社か等)」
     
    などが大きく異なります。

これらの番組特性を深く理解することではじめて、テレビ番組に対してより効果的な広報活動ができるようになるのです。

そこで今回、
民放キー局など、TV外でも幅広く活躍するテレビプロデューサーを講師にお招きし、

  • 「朝の情報番組」
  • 「昼のワイドショー」
  • 「夕方のニュース番組」
  • 「夜の報道番組」

の違いについて、わかりやすく解説してもらうセミナーを再度企画しました。

この企画は、今年の6月に実施しましたが、受付開始直後、あっという間に定員に達し、当日には「非常に質の高い内容に満足した」という声を多数いただきました。そして、セミナー再演のリクエストを多数いただいたことから、今回の講演を実現しました。

<セミナーコンテンツ>
地上波のニュース番組は「朝」「昼」「夕方」「夜」「ストレート」の5種類。
この5種類で「組織」「ニュースの作り方」「好きなネタ」は全く違う。

  • 「朝」「昼」「夕方」「夜」それぞれのニュース番組のコンセプトの違いとは
  • 朝のニュース番組の組織体制は、制作会社主導の●●●制
  • 昼のニュース番組が狙っている視聴者ターゲットを理解する
  • 夕方のニュース番組の特集は●●●●●が多い
  • 夜のニュース番組を狙う場合、コンタクトすべき相手とは
  • 番組によってこんなに違う「ネタを提供すべき時期」
  • 「今話題のインターネット放送局」が求めているニュースとは?

ぜひこの機会に、テレビ番組の制作現場についての知見を深めてください。
それが広報担当者としてのレベルアップにつながるのは間違いありません。

【本企画の参加者特典】
名刺交換していただけるよう、講師にご快諾いただきました。

<講師プロフィール>

テレビプロデューサー 鎮目博道氏

92年テレビ朝日入社。社会部記者として阪神大震災やオウム真理教関連の取材を手がけた後、スーパーJチャンネル、スーパーモーニング、報道ステーションなどのディレクターを経てプロデューサーに。中国・朝鮮半島取材やアメリカ同時多発テロなどを始め海外取材を多く手がける。また、AbemaTVのサービス立ち上げに参画。「AbemaPrime」、「Wの悲喜劇」などの番組を企画・プロデュース。2019年8月に独立し、放送番組のみならず、多メディアで活動。公共コミュニケーション学会会員として地域メディアについて学び、顔ハメパネルのメディアとしての可能性をライフワークとして研究、記事を執筆している。

『ニュース番組の違いは「組織」を見ればわかる』
「AmebaTV」を立ち上げた、テレビプロデューサーがわかりやすく解説

<セミナー概要>
日時: 2019年10月10日(木)14:00~15:30(受付開始 13:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
   (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定員: 先着50名
料金: 8,000円(税込)

※セミナー当日「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちいただいた方(電子書籍含む)は、5,000円で参加できます。
※セミナー会場での書籍の販売はございませんので、事前にご購入をお願いいたします。
※参加費は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
※領収書の宛名は、お申し込み時にご記入いただいた名義とさせていただきます。
 

お申込みはこちら