2019/09/03

広報マンである前に、いち読者、いち視聴者たれ

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
ベンチャー広報の野澤です。

私がPRコンサルをしている会社の若い広報担当の方で「自宅にテレビがないので、テレビはほとんど見ません」という方が結構いらっしゃいます。

これも時代の流れなのでしょうが、一般の方ならまだしも、広報PRに携わる人間としては失格です。

テレビマンは視聴者のために番組を作っています。
新聞の記者、雑誌の編集者は読者のために記事を書いています。

広報担当者として、「ぜひうちの会社を取材してください」とマスコミの方にお願いする立場にあるにも関わらず、その相手の媒体(新聞、雑誌、テレビ)を見ていないなんて、こんな失礼なことはありません。

全ての新聞、雑誌を定期購読しろ!とは言わないまでも、新聞記者や雑誌の編集者にアポイントを取って訪問する場合には、事前に相手の媒体の最新号を購入し、ひととおり目を通すのが最低限の礼儀です。

私は、新聞記者の方に初めてお目にかかる際には、相手の記者の方が過去に書いた記事を1,2年分集めて、その記事を全て読んでからお会いしにいきます。

面識のないマスコミの方にアポイントの電話を入れるときでも、「いつも○○○○(媒体名)さんを楽しく拝見しています」からトークをスタートした方が、話がスムーズに進みます。
(これは効果的なので、ぜひ試してみてください)

広報PRに携わる皆さまはお忙しいかと思いますが、ぜひ時間を見つけて、新聞や雑誌を読み、テレビを見ましょう。

仕事だから仕方なくやる、ではなく、習慣付けましょう。
このベースがないと、広報PRは何をやってもうまくいきません。

「広報マンである前に、いち読者、いち視聴者たれ」
をぜひ心がけてみてください。

野澤直人

 


 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 
 


 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 
 


 
 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。