2019/11/13

プレスリリース配信から取材依頼のレスポンスを獲得するには?

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
ベンチャー広報の野澤です。

中小ベンチャー企業の場合、プレスリリースを配信するだけでは取材にはつながりません。

ですので、プレスリリースよりも、マスコミ関係者と電話で直接コンタクトすることが重要です。このようなことを、よくお伝えしていますが、プレスリリースの配信が全く無意味かというと、そんなことはありません。

適切な方法でプレスリリース配信を行えば、それだけでも、実は、マスコミから取材依頼のレスポンスを得ることは可能なのです。

※ここで言う「レスポンス」とは、リリース送付先の媒体から、電話やメールで取材依頼がくることを示します。

では、プレスリリースを送っただけで得られるレスポンスは、どの程度を期待したらいいのでしょうか。経験上、私の場合は、その基準を「3%」くらいに設定しています。

プレスリリースを30件送ったら1人、100件送ったら3人くらいの記者から「リリースを見たのですが」と言って、電話がかかってくる感じです。

逆に言うと、これくらいの確率で記者からレスポンスがない場合には、プレスリリースの内容、配信先、配信方法などに何かしら問題があったと考えるべきです。

「いやいや、リリースを送っただけで、そんなにレスポンスが来たことないよ」

という方も多いと思いますが、そうであれば、リリースの配信方法を一度見直すことをおすすめします。

3%のレスポンスがとれるプレスリリースの配信方法とは?

1. 配信方法はFAXが基本

これが実は最も重要なのですが、間違ったやり方をしている方が多いです。

新聞、雑誌など紙媒体にはFAXでリリースを送りましょう。紙媒体にメールでリリースを送っても、ほとんどレスポンスは期待できません。

2. プレスリリースを送る媒体は100件以内に絞り込む

過去の報道実績などから、リリースの話題を取材してくれそうな媒体を選び出し、配信先媒体を30~100媒体に絞り込んで、そこだけに限定してリリースを送ります。

30件くらいでしたら、システムを使わずに1件づつ手作業で送りましょう。無論、数百件の宛先に対して無差別にリリースをばらまいても意味はありません。

3.「媒体名御中」ではなく、できれば記者名を明記

送付状をつける必要はありませんが、プレスリリース1枚目の左上に送付先を明記しましょう。

ただし、「日本経済新聞社 御中」のような宛先を書いてもあまり意味はないです。

例えば、IT系のサービスに関するプレスリリースであれば、「日本経済新聞 ネットサービスご担当者様」と書きます。さらに、記者の名前と部署まで調べて、「日本経済新聞 産業部 ○○○○(記者の名前)様」と書くのがベストです。

配信方法以外に重要なポイントは、当然ながらプレスリリースの内容です。

プレスリリースの内容にニュース性があり、適切な書き方がされている必要がありますが、私はプレスリリースに絶対的な正解はないと思っています。

強いていえば、
「取材依頼のレスポンスがあったリリースが(結果論として)正しいリリースだった」ということでしょうか。

何が正解かわからないプレスリリース内容を一生懸命改善するより、リリースの配信方法を最適化する方が、より成果を出しやすいと思います。

プレスリリースの内容がそこそこでも、配信方法を適切にするだけで、レスポンス率はかなり変わるので、「リリースを送っても取材依頼がこないなー」と悩んでいる方は、一度試してみてください。

野澤直人


 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 
 


 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 
 


 
 
以下、広報PRセミナーのご案内です。

 

『広報PR・疑問解決LIVE!』【参加費無料】

日時: 2020年1月30日(木) 13:00~14:30(受付開始 12:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID

お申し込みはこちら

 
スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。

  • 「広報担当が私しかいない」
  • 「わからない事があっても、誰にも相談できない」

小さな会社の広報担当者あるあるですよね。

一方で、小さな会社の経営者様の場合、

  • 「広報を経営戦略として活用したい。でも、そもそも広報って?」
  • 「まずは、自ら実践してみたいけど、疑問だらけで...」

という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は『広報PR・疑問解決LIVE!』と題して、ベンチャー広報代表の野澤が、皆さまの悩み・課題・疑問に片っ端から答えまくるという、90分間まるまる質疑応答だけを行うLIVEイベントを開催することにしました。

今あなたが抱えている悩みや疑問は、多くの広報担当者様(および広報部門の責任者様)が今まさに抱えている悩みや疑問でもあります。それらをこのイベントで共有しその場で解消・解決することは、参加者全員のレベルアップにつながるはずです。

悩み・課題・疑問は、どんな些細な事でもかまいません。

例えば、
「メディアとの関係構築がうまくいかない」
という悩みを抱えているとしたら、

  • この場合の『メディア』とは何を指しているのか?
  • どんな『関係』が理想なのか?
  • そのような『関係』になるためにはどうすれば良いのか?
  • そのために何をやっていて、どのような状況なのか?

大切なのは、すでにしっかりできている事と、本来やらなければいけない事を理解することです。

しかし、『本来やらなければいけない事』というのは、残念ながら、経験がなければ、誰かに教えてもらわない限り気が付くことはありません。まずは、今あなたが抱えている悩み・課題・疑問を、より具体化してみてください。

その具体化された悩み・課題・疑問に対し、ベンチャー広報が創立以来、私野澤と弊社スタッフが積み重ねてきた経験とノウハウをもとに、具体的な課題解決方法をお答えいたします。

今回の『広報PR・疑問解決LIVE!』は、拙著「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちの方(電子書籍含む)のみ無料でご参加いただけます。

できれば、イベント当日までに、この書籍に目を通してみてください。

そうすることで、今あなたが抱えている悩み・課題・疑問はある程度、解消・解決するはずです。それでも解消・解決できない問題・課題をぜひこのイベントに持ってきてもらえるとうれしいです。

また、今回のイベントは、広報PR活動に悩み・課題・疑問を抱えている方のみを参加の対象とさせていただきます。そのため、お申し込みと同時に、現在抱えている悩み・課題・疑問を必ず1つ以上ご記入ください。申し込み後、あらたに悩み・課題・疑問が出てきた場合は、以下のフォームをご利用のうえ、追加でご連絡ください。

事前にお送りいただいた内容と、当日に出るご質問をもとに『広報PR・疑問解決LIVE!』を行います。

ぜひ、このイベントを広報パーソンとしてレベルアップする機会としてご活用頂ければ幸いです。

『広報PR・疑問解決LIVE!』 - 2020.1.30

<セミナー概要>
日 時: 2020年1月30日(木) 13:00~14:30(受付開始 12:30)
会 場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
    (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定 員: 先着40名様
参加費: 無料 ただし、↓↓↓
「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちの方(電子書籍版含)のみご参加いただけます。

お申し込みはこちら

 
拙著「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)では、一般的に行われている広報活動の欠点や、驚くほどの低コストで自社をPRするシンプルな方法など、スタートアップ企業が、マスコミに取材をされるための効果的な広報PR手法をご紹介しています。

野澤直人
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

<広報PR 成功事例>
拙著では、下記のような成功事例のご紹介もしています。

~ A社(調理器具製造/販売) ~
広報活動を開始後、約6ヶ月間で、日本テレビ「PON!」「スッキリ!!」、フジテレビ「めざましテレビ」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、テレビ朝日「スマステーション」「やじうまテレビ!」などで露出。初回生産分5,000個が完売し、入荷待ちの人気商品に!

~ B社(アプリ開発)~
サービス開始から5ヶ月間で、NHK「おはよう日本」、TBS「王様のブランチ」、産経新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、Itmediaニュースなど、20媒体以上が報道。結果、100万人以上がダウンロードした人気アプリに。

~ C社(研修会社)~
会社立ち上げから2年間で、40以上の媒体に露出。
わずか1年間でクライアント企業が200社を超え、大阪進出を果たした。NHK「首都圏ネットワーク」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、日経新聞本紙朝刊、日経MJ、産経新聞、週刊ダイヤモンド、東洋経済オンライン、月刊レジャー産業、近代食堂、日本外食新聞など。
 

※同業者(PR会社)の社員・関係者の方はお申込みをご遠慮ください。

お申し込みはこちら