2019/12/10

「地方企業」「BtoB事業」「広報担当者兼任」の三重苦でも、広報で成果を出せます。

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
ベンチャー広報の野澤です。

今回は、私が広報PRのコンサルをさせて頂いた企業様の事例をご紹介したいと思います。

その会社は、名古屋を拠点に社員約20名で事業を展開する営業代行会社のアイランド・ブレインさんです。2014年から約3年間、広報PRの基礎から実践まで、広報担当のNさんと毎月1回ミーティングをしながら、マンツーマンで指導をさせて頂きました。

客観的にみて、この会社の広報活動はかなり難易度が高いと言えます。

  • 営業代行というBtoBの事業
  • 名古屋に本社がある地方企業
  • 広報担当者はいるが、採用など他の業務と兼務

という三重苦です。

それでも、担当のNさんはひるむことなく積極果敢にチャレンジし続けました。

まずは、広報PRの関連書籍を数冊読んで、基本的な知識をつけて頂いた後、過去の報道分析をして、自社に興味を持ってくれそうなマスコミ関係者の個人名をリストアップ。そして、電話でアポイントを取り、マスコミ人脈の開拓を地道に続けていきました。それと並行して、プレスリリースの添削も幾度となく繰り返します。

当初は、中部経済新聞などの地方媒体に出るのがやっとでしたが、広報活動を続けるうちに、『日経産業新聞』や『フジサンケイビジネスアイ』などの産業紙からも取材の声がかかるようになります。

そして、次のステップとして、ビジネス誌の攻略に着手。『PRESIDENT』『日経トップリーダー』『経済界』などから取材をしてもらえるようになり、『戦略経営者』というビジネス誌では、毎月1ページ枠での連載も実現しました。

最終段階はテレビの攻略です。目標にしていたワールドビジネスサテライトへの露出はかないませんでしたが、『TOKYO MX NEWS』から取材をしてもらえたのは大きな成果だと思います。

約3年間の活動期間を経て、広報担当のNさんが、PRパーソンとしての実力がついたタイミングで、取締役に就任されたこともあり、今回のコンサルは終了となりました。

アイランド・ブレインさんの業種業態から考えると、これだけの成果を出したNさんは、広報担当として十分合格点といえるでしょう。

たとえ無名のベンチャー企業でも、広報PRをしづらい条件の企業であっても情熱を持って広報に取り組めば、必ず結果を出せることを証明してくれたという意味で、このコンサルは私にとって、非常に感慨深い案件です。

「うちみたいな会社は広報するの無理だよね」と言わず、みなさんの会社もぜひ、広報PRにチャレンジしてみてください。

野澤直人

 


 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 
 


 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 
 


 
 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。