2020/01/14

広報担当者は「トランスレーター(翻訳者)」であることを意識する

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報の島田です。

今回のテーマは、広報担当者が意識するべき「トランスレーション(翻訳)」について。

企業の広報が意識するのはメディアとのリレーション・メディアへの情報発信なのですが、一番忘れてはいけないのは情報発信の先にいる「読み手」の方達です。
(読み手と言っても、既存顧客、顧客になる可能性のある企業、採用候補者など様々です)

数多ある企業の全てのプレスリリースが記者の方々に丁寧に読みくだかれて記事にされ、わかりやすい表現で世の中に出るとは限りません。広報担当者が作ったそのまま世の中に公開されることがほとんどです。それを考えると、自分が作ったプレスリリースがちゃんと読み手に伝わっているか…ちょっと不安ですよね。

あえてややこしくするために、IT業界の「開発」というちょっとピンポイントな例をあげてみます。

早速ですが、この文章をさささっと読んで、取り組みに対する価値を感じていただけましたか?

=文章1=
当社ではスピードと満足感を重視し、アジャイル開発の代表とされるスクラム開発を採用しています。当社ではこの度の資金調達を元に、スクラム開発を円滑に進めるスクラムマスター人材の採用強化を実施します。
=====

どうですか?

文章の雰囲気で「アジャイル開発って開発速度早そう。あとスクラムマスターの役割が重要そう。なんかいい感じになる雰囲気。」ということは感じ取れるのですが、
・アジャイル開発って?
・スクラム開発って?
・スクラムマスターって?
という疑問を抱いたまま読み終わってしまうという悲しい結果になります。
または文章を読みながらキーワード検索をして、読み手ははるか彼方のページへ…。
多くの業界でIT技術の介入が増えてきましたが、この文章を読んでも、なんとなくいい感じになるんだなぁというニュアンスしか届けられません。

では、伝わりやすさを意識してトランスレーション(翻訳)しちゃいましょう!

まず、アジャイル開発。
アジャイル開発とは、優先順位の高い機能の開発から着手・実装を行う開発手法のため、早い段階でリリースができ、リリース後も細かい機能追加やブラッシュアップを行いながら完成形に開発できるというメリットがあります。
これは課題解決を優先してどんどんよくなるサービスが提供できるという利点があります。

そしてスクラム開発。
アジャイル開発にはいくつか技法があるのですが、その1技法で、サービス開発チームが効率的に開発を進めることができる枠組みのことです。

最後にスクラムマスター。
スクラムの理解と実践を推進し、プロジェクトを円滑に進めることに責任を持つ人。
「スクラム」をチーム全員が正しく理解した上で開発を実践していることを常にチェックしつつ、チームの自律的な行動を引き出し、成果を最大限に引き出すことに注力します。

=文章2=
当社ではサービス提供におけるスピード感と満足度を重視し、課題の本質を優先的に解消する開発手法である「アジャイル開発」の代表とされるスクラム開発を採用しています。
この度の資金調達を元に、開発を円滑に進めるスクラムマスター(※)の育成および人材採用の強化を実施します。
※スクラムマスター:「スクラム」をチーム全員が正しく理解した上で開発を実践していることを常にチェックしつつ、チームの自律的な行動を引き出し、成果を最大限に引き出すことに注力する役割。
=====

キーワードを解説する文言を添えて、注釈でも詳細を記載してみましょう。

最近では耳慣れたキーワードなので、IT関連のサービスを提供している企業だと割と理解している方も多くいるとは思います。

ですが、課題解決をするサービスをなるはやで作ってくれて、随時アップデートをして完成系にしてくれるスピード重視の企業はないかな?という内容のキーワード検索で企業を探している方にリーチできそうでしょうか?

残念ですが、例にあげた文章だとマッチしない可能性大です。

今回はIT業界で飛び交うキーワードを抽出して例を出しましたが、IT業界に限らず「翻訳が必要」なキーワードがたくさんあることは確実です。
訴求したい対象全てがその「用語」を知っているとは限りません。何気なく使っているキーワードが社内公用語として使われている可能性が無きにしも非ず…
日常で聞き慣れたキーワードが読み手に通じるか、理解してもらえるかということを意識したテキスト作りが大切です。

作成したプレスリリースが多くの人の目に止まる前に、今一度「翻訳」を意識して見直すことを忘れずに!
(ちなみに、自身は前職で最終版に仕上げた段階で採用担当のメンバーに読んでもらってチェックをしていました。)

あなたが作ったリリース、以外とたくさんのステークホルダーが読んでますよ!
ぜひ、

次回は「そのプレスリリースに記載したデータの根拠はなんですか?」をテーマにしたいと思います。

 
 
【無料メルマガの登録】


以下、最新広報PRセミナーのご案内です。
 

『広報PR・疑問解決LIVE!』【参加費無料】

日時: 2020年1月30日(木) 13:00~14:30(受付開始 12:30)
会場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID

お申し込みはこちら

 
スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人です。

  • 「広報担当が私しかいない」
  • 「わからない事があっても、誰にも相談できない」

小さな会社の広報担当者あるあるですよね。

一方で、小さな会社の経営者様の場合、

  • 「広報を経営戦略として活用したい。でも、そもそも広報って?」
  • 「まずは、自ら実践してみたいけど、疑問だらけで...」

という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は『広報PR・疑問解決LIVE!』と題して、ベンチャー広報代表の野澤が、皆さまの悩み・課題・疑問に片っ端から答えまくるという、90分間まるまる質疑応答だけを行うLIVEイベントを開催することにしました。

今あなたが抱えている悩みや疑問は、多くの広報担当者様(および広報部門の責任者様)が今まさに抱えている悩みや疑問でもあります。それらをこのイベントで共有しその場で解消・解決することは、参加者全員のレベルアップにつながるはずです。

悩み・課題・疑問は、どんな些細な事でもかまいません。

例えば、
「メディアとの関係構築がうまくいかない」
という悩みを抱えているとしたら、

  • この場合の『メディア』とは何を指しているのか?
  • どんな『関係』が理想なのか?
  • そのような『関係』になるためにはどうすれば良いのか?
  • そのために何をやっていて、どのような状況なのか?

大切なのは、すでにしっかりできている事と、本来やらなければいけない事を理解することです。

しかし、『本来やらなければいけない事』というのは、残念ながら、経験がなければ、誰かに教えてもらわない限り気が付くことはありません。まずは、今あなたが抱えている悩み・課題・疑問を、より具体化してみてください。

その具体化された悩み・課題・疑問に対し、ベンチャー広報が創立以来、私野澤と弊社スタッフが積み重ねてきた経験とノウハウをもとに、具体的な課題解決方法をお答えいたします。

今回の『広報PR・疑問解決LIVE!』は、拙著「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちの方(電子書籍含む)のみ無料でご参加いただけます。

できれば、イベント当日までに、この書籍に目を通してみてください。

そうすることで、今あなたが抱えている悩み・課題・疑問はある程度、解消・解決するはずです。それでも解消・解決できない問題・課題をぜひこのイベントに持ってきてもらえるとうれしいです。

また、今回のイベントは、広報PR活動に悩み・課題・疑問を抱えている方のみを参加の対象とさせていただきます。そのため、お申し込みと同時に、現在抱えている悩み・課題・疑問を必ず1つ以上ご記入ください。申し込み後、あらたに悩み・課題・疑問が出てきた場合は、以下のフォームをご利用のうえ、追加でご連絡ください。

事前にお送りいただいた内容と、当日に出るご質問をもとに『広報PR・疑問解決LIVE!』を行います。

ぜひ、このイベントを広報パーソンとしてレベルアップする機会としてご活用頂ければ幸いです。

『広報PR・疑問解決LIVE!』 - 2020.1.30

<セミナー概要>
日 時: 2020年1月30日(木) 13:00~14:30(受付開始 12:30)
会 場: 東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
    (東京メトロ永田町駅4番出口より徒歩3分)
定 員: 先着40名様
参加費: 無料 ただし、↓↓↓
「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)をお持ちの方(電子書籍版含)のみご参加いただけます。

お申し込みはこちら

 
拙著「逆襲の広報PR術」(野澤直人・著)では、一般的に行われている広報活動の欠点や、驚くほどの低コストで自社をPRするシンプルな方法など、スタートアップ企業が、マスコミに取材をされるための効果的な広報PR手法をご紹介しています。

野澤直人
株式会社ベンチャー広報 代表取締役 野澤直人

20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、中小ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。

<広報PR 成功事例>
拙著では、下記のような成功事例のご紹介もしています。

~ A社(調理器具製造/販売) ~
広報活動を開始後、約6ヶ月間で、日本テレビ「PON!」「スッキリ!!」、フジテレビ「めざましテレビ」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、テレビ朝日「スマステーション」「やじうまテレビ!」などで露出。初回生産分5,000個が完売し、入荷待ちの人気商品に!

~ B社(アプリ開発)~
サービス開始から5ヶ月間で、NHK「おはよう日本」、TBS「王様のブランチ」、産経新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、Itmediaニュースなど、20媒体以上が報道。結果、100万人以上がダウンロードした人気アプリに。

~ C社(研修会社)~
会社立ち上げから2年間で、40以上の媒体に露出。
わずか1年間でクライアント企業が200社を超え、大阪進出を果たした。NHK「首都圏ネットワーク」、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、日経新聞本紙朝刊、日経MJ、産経新聞、週刊ダイヤモンド、東洋経済オンライン、月刊レジャー産業、近代食堂、日本外食新聞など。
 

※同業者(PR会社)の社員・関係者の方はお申込みをご遠慮ください。

お申し込みはこちら