2020/02/05

テレビ番組に取材されるための基本テクニック

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

「テレビ番組から取材されるにはどうしたらいいでしょうか」
というご相談を、たびたび頂きます。

たしかに、マスコミ広報においてテレビ露出の威力は絶大です。

私がお手伝いした案件でも、商品やサービスがテレビ番組で取り上げられて、商品が即完売したり、ホームページへのアクセスが集中してサーバーがダウンすることが多々あります。

テレビ番組に取材してもらうのはハードルが高いと思われがちですが、そんなことはありません。テレビ番組へのアプローチは、WEB媒体や新聞・雑誌などの広報PRとは異なるノウハウが必要で、多くの方は、それを知らないだけなのです。

今回はテレビPRのエッセンスをご紹介したいと思います。

まず重要なのは、プレスリリースや報道用資料の書き方です。

写真や図などビジュアル要素を多くし、文字は少なめ

テレビ番組の制作者(ディレクターなど)は常に物事を映像で考えます。「この話題を取材した時、どんな画(=映像)が撮れるか」というのが彼らの最大の関心事です。文字ばかりのプレスリリースではテレビ番組の制作者には刺さりません。

WEB媒体や紙媒体での報道実績をアピールする。

「今、新聞や雑誌でこんなにたくさん記事が出ています。これは旬な話題なので、うちの番組でもやりましょう。」 番組ディレクターが会議で自分の企画を通す際、こんな風に上司を説得することが多々あります。プレスリリースを送付する際には、その話題が過去に取り上げられた新聞や雑誌の記事のコピーをできるだけたくさん添付するのが有効です。

次に、プレスリリースや報道用資料の送付方法ですが、テレビの場合には「郵送」が基本です。上記のとおり、「写真や画像の多いビジュアル重視」で「過去記事を多く添付」するとなると、必然的にFAXではなく、郵送がベストな手段になります。郵送であれば、商品サンプルなどを同封することもできます。

最後に送付先ですが、番組宛ではなく、「番組のコーナー宛」もしくは「担当ディレクター(個人名)宛」に送りましょう。アプローチする対象番組を視聴し、適切なコーナーを探して、その担当者に対してピンポイントでアプローチすることで、かなり成功率は高まります。

「なかなかテレビに取り上げられなくて」
とお悩みの広報担当の方は、今回ご紹介したプレスリリース/報道用資料の

  • 書き方
  • 送付方法
  • 送付先

の3つのポイントついて、一度やり方を見直してみてはいかがでしょうか。

野澤直人
 
 

 


 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 
 


 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 
 


 
 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。