2020/02/11

PR会社に頼らず、記者会見を成功させる3つのポイント

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

某ベンチャー企業の記者会見をお手伝いした時のお話です。

創業からまだ一年程度、社員数名の若い会社でしたが、テレビ媒体も含め20名以上のマスコミ関係者にご参加頂き、おかげさまで大変盛り上がりました。

記者会見は大企業だけのもの?
いえいえ、そんなことはありません。

今回は、中小ベンチャー企業・スタートアップが記者会見を成功させるためのノウハウについて、ご紹介したいと思います。

お金をかけすぎない

大手PR会社に記者会見の企画運営をお願いすると、通常、300〜400万円の見積りが出てくるはずです。

これはあくまで大企業向けの価格設定ですので、この相場レベルを鵜呑みにしてはいけません。

記者会見は、PR会社に丸投げせず、自社で運営することを基本にすれば、実際にはホテルの会場を借りて、バックパネル(記者会見用のインタビューボード)を作り、他経費を含めても、効率的にやれば100万円以下で実現できます。

また、記者会見の運営は、実はそれほど難しくありません。それでも最初は不安でしょうから、PR会社に頼るのもいいですが、その場合、企画・運営・マスコミの集客をPR会社に丸投げするのではなく、コンサル的に関わってもらいましょう。

それなら、不必要に高いお金を払わなくてすみます。

芸能人・タレントを呼ばない

ベンチャー企業の記者会見にマスコミ関係者を呼び込むのは、大企業に比べて難しいのは確かです。

記者会見を開いたのに、マスコミの人が誰も来てくれなかったら …
考えただけでも、背筋が寒くなりますよね。

そこで、お金を払って芸能人やタレントを記者会見に呼び、それをフックにマスコミを集めましょう、となる場合がありますが、正直、私はおすすめしません。

まず、芸能人を呼ぶのにお金がかかりますし(2時間拘束で100万円とか)、テレビ番組内で紹介されても、その芸能人の話題がメインになり、自社の商品やサービスが直接報道されるケースは少ないからです。

記者会見をする前に、マスコミとの関係づくりを

いちばんやってはいけないのは、今までロクに広報活動をやってこなかったのに、いきなり記者会見を企画して、プレスリリースをマスコミ各社に送りつけるやり方です。

これではうまくいくはずがありません。

記者会見をする前にやるべきなのは、マスコミとの関係構築です。まず、あなたの手元には、マスコミ関係者の名刺が何枚あるでしょうか。

そして、その中で、記者会見にお誘いしたら、来てくれそうな方はいったい何名いるでしょうか。

もしそれが10名以下なら、記者会見をやるべきではありません。その前に、自社に興味関心をもってくれるマスコミ関係者をリサーチし、個別訪問して名刺交換をし、ひとりずつ関係づくりを行いましょう。集中してやれば、3ヵ月で30名程度のマスコミ関係者に会えるはず。

このリストがあるからこそ、芸能人やタレントに頼らず、ベンチャー企業でも記者会見にマスコミ関係者を呼び込めるのです。

結局のところ、日頃の地道な広報活動が重要ということですね。

野澤直人
 
 

 


 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 
 


 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 
 


 
 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。