2020/07/03

PRパーソンの戦略的キャリア形成論

社長ブログ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報の野澤直人です。

僕は広報の仕事が大好きです。
マスコミを通じて社会に影響力を行使でき、知的で奥深い。こんな魅力的な仕事は他にないと思います。僕は20年以上この仕事をしていますが、いまだに飽きることがありません。

広報は専門職です。国家資格こそありませんが、弁護士、税理士、会計士などの士業と同じ。専門性を高め実績を積めば積むほど人材としての価値と報酬が上がり、プロフェッショナルとして自分の腕一本で食べていけます。

専門職ですから、ひとつの会社に一生勤める必要はありません。広報活動は業種・業態、企業規模によってさまざまですから、ひとつの会社の広報のやり方しか知らないサラリーマンではダメ。むしろ何度か転職して、複数の会社で広報の仕事を経験した方がプロ人材としての価値は高まります。

できれば、マスコミ、事業会社の広報、PR会社の3つを全て経験するのが理想でしょう。マスコミを経験することで広報という仕事を多面的により深く理解することができます。欧米では、マスコミ(新聞社、雑誌社、テレビ局など)と広報(事業会社、PR会社)の間を行ったり来たり、何度も転職ながらキャリア形成するのが普通です。

事業会社の広報をずっと続けるのであれば、積極的に転職することで広報としての経験値を高めてください。BtoC企業からBtoB企業へ、スタートアップから上場企業へなど、戦略性を持って働く会社を選ぶべきです。
20代から30代半ばくらいまでは、報酬よりも自分に必要な経験を積めるかを重視して転職した方が良いと思います。10~15年かけて複数の会社で広報としてきちんと経験と実績をつめば、報酬は後からついてきます。

広報のプロフェッショナルとして経験値を高めるという意味では、事業会社の広報だけでなく、PR会社でも働いた方がいい。PR会社は報酬が安く労働時間も長い場合が多いですが、クライアントワークを通じて業種業態問わず多くのケーススタディを学べます。もしあなたがまだ20代ならPR会社を選択肢に入れるべきです。

事業会社の広報、PR会社問わず、広報パーソンとしての価値は「過去に報道を獲得した実績」と「マスコミ人脈」に尽きます。もちろん、PRの戦略や企画が立てられたり、プレスリリースが書けることも大事です。でもそれは広報ならある程度できて当たり前だし、定性的なものなので評価されづらい。

転職活動の面接をイメージしてください。「私はこんな媒体にこれだけマスコミ人脈を持っています」「過去に自分の力でこれだけ多くのインパクトある報道を獲得しました」と定量的にアピールした方が面接は絶対うまくいきます。少なくとも、ベンチャー企業やスタートアップではそうです。

広報の仕事の中で、マスコミ人脈の開拓や報道獲得は最も難しく大変な業務です。でも、そこから逃げずに真正面から取り組むことが、結果的に広報パーソンとしての価値を高めることになります。

◎[社長ブログ]一覧はこちら

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

株式会社ベンチャー広報のメンバーが、10年以上培ってきた広報PRのノウハウやスキルアップ情報を、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。
・「広報PRに取り組み始めたばかりで、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、ぜひ[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。大手メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、併せて配信しています。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・PR会社は大企業だけのものじゃない
・スタートアップに最適化したサービスと価格
・”経営戦略の視点”から広報PRを支援
・スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRは「企業と人々をメディアでつなぐ」
・PRの効果は顧客向けだけではない
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク
 (1)プレスリリースは送るな
 (2)経験から学び、戦略をアップデートする
 (3)目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・各種サービスの料金表

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●実践的な広報PRを学びたいが、専門スキルを持った相談相手が身近にいない…。
●広報担当同士で横のつながり、仲間が欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして独立や転職を考えているが、自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。