2020/07/17

withコロナ時代の広報。変わること・変わらないこと

社長ブログ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

最近、「withコロナで広報はどう変わりますか」というご質問をよく頂きますが、私は、withコロナ・afterコロナでも広報の本質は変わらないと思っています。

ただし、表面的な戦術レベルでは変化があるでしょう。

例えば、広報のDX(デジタルトランスフォーメーション)化は間違いなく進むはずです。具体的には、マスコミの中の人(記者、編集者、テレビマン等)との「コミュニケーションのDX化」。

今までは、電話、メール、対面の使い分けで問題ありませんでした。これからはそれら加えて、Twitter、Facebookメッセンジャー、LINE、Zoom、skype、ハングアウトといったデジタルツールを使いこなす必要があります。

それらのITツールが使えるだけでは不十分で、TPO(時と場所柄と場合)や相手の好みやニーズに合わせて、適切かつスムーズにコミュニケーションの手段を取捨選択するセンスとリテラシーが広報担当者には求められます。

例えば、電話で話すのを好む新聞記者のAさんとは携帯電話で。編集者Bさんの取材はZoomで受け、ITライターのCさんからのプレスリリースへの問合せをLINEで対応。民放キー局のDディレクターとは夜の会食で関係性構築、みたいな。

「マスコミからの問合せにはすぐ対応する」など、今までも広報はスピードが命と言われてきました。広報のDX化が進むと、この傾向はさらに強まるでしょう。

今までは、携帯電話の着信履歴とメールをチェックしていればよかったですが、これからは、それに加えて、Twitter、Facebookメッセンジャーなど、SNSも重要な連絡手段になります。当然、どのルートからでもマスコミから連絡があれば、即レスが必須。「ツールがいろいろあるので、ご連絡を見落としてました」は言い訳になりません。

withコロナ時代では、広報のDX化以外にマスコミ業界のリモートワークの進展=記者、編集者、テレビマンが会社にいない、は広報活動に大きな影響を与えるでしょう。

例えば、プレスリリース。今までは、新聞社・出版社・テレビ局に、プレスリリースをFAXや郵送で送っていましたが、この文化は次第に衰退するはずです。会社に人がいないのですから、会社にFAXや郵送でプレスリリースを送っても、見てもらえませんから。withコロナ・afterコロナで、プレスリリースのペーパレス化、オンライン化が進むと思います。

また、マスコミ業界のリモートワークの進展により、マスコミの中の人(記者、編集者、テレビマン等)と新規につながるのがより一層、難しくなっている印象です。

今までは、過去の報道を分析して、署名記事などから相手の個人名を把握し、新聞社・出版社・テレビ局に電話をして「●●さんいらっしゃいますか」という手法で、新たな関係のきっかけを作ることができました。今は、相手が会社にいませんので、この手法が機能しずらくなっています。

結果、「記者、編集者、テレビマンなどと個別に直接のつながりを持っていること」=「マスコミ人脈の価値」が相対的に高まっているのは間違いない。

保有しているメディアリストの数が多ければ良いということではありません。そのリストの中にあるひとりひとりの記者、編集者、テレビマンと、どれだけ深く、しかも長期的な視点で良好な関係を築けているか。「●●新聞と自社」ではなく「(●●新聞の)△△記者と広報担当の私」という個人的な関係性を作れているかどうか。

これは今も昔も変わらない「広報の本質」なんですね。

◎[社長ブログ]一覧はこちら

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

株式会社ベンチャー広報のメンバーが、10年以上培ってきた広報PRのノウハウやスキルアップ情報を、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。
・「広報PRに取り組み始めたばかりで、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、ぜひ[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。大手メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、併せて配信しています。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・PR会社は大企業だけのものじゃない
・スタートアップに最適化したサービスと価格
・”経営戦略の視点”から広報PRを支援
・スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRは「企業と人々をメディアでつなぐ」
・PRの効果は顧客向けだけではない
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク
 (1)プレスリリースは送るな
 (2)経験から学び、戦略をアップデートする
 (3)目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・各種サービスの料金表

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●実践的な広報PRを学びたいが、専門スキルを持った相談相手が身近にいない…。
●広報担当同士で横のつながり、仲間が欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして独立や転職を考えているが、自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。