2020/08/14

新聞記者・雑誌編集者のネットメディアへの大移動

社長ブログ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

ここ数年、記者・編集者が、レガシーな新聞や雑誌からネットメディアへ移籍・転職するという現象がマスコミ業界・メディア界隈全体のトレンドになっています。

例えば、NewsPicksの編集部。

初代編集長の佐々木紀彦氏は『東洋経済オンライン』の元編集長ですし、2代目編集長の金泉俊輔氏は『週刊SPA!』元編集長、現在の編集長の池田光史氏は週刊ダイヤモンド出身です。その影響か、最近では週刊ダイヤモンドから『NewsPicks』に移籍する記者・編集者が多いみたいですね。

また、朝日新聞グループからネットメディアの移籍も目立ちます。例えば、『Yahoo!ニュース』の編集部には朝日新聞出身の記者が多いと言われます。有名どころの移籍をいつくか列挙してみましょう。

『BUSINESS INSIDER JAPAN』編集長・浜田敬子氏

1989年に朝日新聞社に入社。前橋支局、仙台支局、週刊朝日編集部を経て、99年からAERA編集部。その後、AERA初の女性編集長に就任。2017年3月末で朝日新聞社退社。テレビのコメンテーターとしても活躍。

『BuzzFeed Japan』創刊編集長・古田大輔氏

1977年生まれ、福岡県出身。2001年早稲田大学政治経済学部卒、2002年朝日新聞社入社。京都総局、豊岡支局、社会部、アジア総局(バンコク)、シンガポール支局長、デジタル版の編集などを経て、2015年10月16日にBuzzFeed Japanによる新メディアの創刊編集長に就任。

『ハフィントンポスト日本版』編集長・竹下隆一郎氏

慶應義塾大学法学部卒。2002年朝日新聞社入社。経済部記者や新規事業開発を担う「メディアラボ」を経て、2014年~2015年スタンフォード大学客員研究員。 2016年5月から現職。TBSのサンデーモーニングにも出演。

こうしてみると、報道色の強い主要なネットメディアの編集長は全て朝日新聞出身者だということがわかります。

そのほか、スタートアップの広報界隈で注目すべき存在として、『DIAMOND SIGNAL』編集長の岩本有平氏がいます。

彼は朝日インタラクティブのオンラインメディア『CNET Japan』でキャリアをスタートし、その後、『TechCrunch Japan』→フリーランス→ダイヤモンド社と移籍を繰り返しています。岩本氏の特徴は、媒体は変われど、一貫してスタートアップやイノベーション領域を取材しているということです。これはジャーナリストとして、ひとつのあるべき姿だと思います。

これからも優秀な記者・編集者が媒体をまたいで転職・移籍をする流れはますます加速するでしょう。

われわれ広報としては、その動きをしっかりキャッチアップしてゆきたいですね。

◎[社長ブログ]一覧はこちら

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

株式会社ベンチャー広報のメンバーが、10年以上培ってきた広報PRのノウハウやスキルアップ情報を、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。
・「広報PRに取り組み始めたばかりで、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、ぜひ[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。大手メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、併せて配信しています。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・PR会社は大企業だけのものじゃない
・スタートアップに最適化したサービスと価格
・”経営戦略の視点”から広報PRを支援
・スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRは「企業と人々をメディアでつなぐ」
・PRの効果は顧客向けだけではない
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク
 (1)プレスリリースは送るな
 (2)経験から学び、戦略をアップデートする
 (3)目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・各種サービスの料金表

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●実践的な広報PRを学びたいが、専門スキルを持った相談相手が身近にいない…。
●広報担当同士で横のつながり、仲間が欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして独立や転職を考えているが、自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。