2020/03/27

日本アカデミー賞受賞作『新聞記者』はPRパーソン必見です

社長ブログ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

3月6日に第43回日本アカデミー賞の授賞式が行われ、”安倍政権の闇を描いた問題作”として話題になった『新聞記者』が、最優秀作品賞など主要3部門を制しました。

日本アカデミー賞受賞作『新聞記者』

マスコミの視点から政権を批判する面もあり、公開前はTVでの宣伝も思うようにでなかったといわれ(政権の圧力?忖度?)、大手配給でもないこの作品がアカデミー賞に選ばれたことに驚きの声があがっています。

この映画は、森友公文書改ざん問題での近畿財務局職員の自殺や、加計学園問題に絡んだ前川喜平・元文科事務次官に仕掛けられた官邸による謀略、伊藤詩織さんによる性暴力告発などをモチーフとするエピソードがリアルに描かれる社会派サスペンスです。

僕はこの映画を公開時に劇場で観たのですが、広報として直接接点を持つことが少ない「社会部の新聞記者」の思考や現場での仕事ぶりが克明に描かれていて、PRパーソンにとっては良いインプットになります。

さらに広報視点で注目すべきは、官邸と一体化した内閣情報調査室の暗躍ぶりを描いている部分でしょう。

政権の方針に反抗的な官僚のスキャンダルをマスコミ関係者にリークしたり、“総理べったり記者”による性暴力と逮捕もみ消しを告発した女性のバッシング情報をネットに投下したり、といったマスコミやSNS利用した工作の数々が劇中で展開されます。

これも一種の広報活動であり、まさに情報戦ですね。映画はフィクションですが実際の出来事をベースにしているのでリアリティーがあります。

この映画の原案は、菅義偉官房長官の“天敵”といわれる東京新聞・望月衣塑子記者が執筆した同名ノンフィクションです。合わせてこの書籍も読むと面白いと思います。

ただし、望月記者はマスコミ業界でも賛否両論ある個性的な記者ですので、その点はご留意ください。

望月記者のWikipediaやフリージャーナリストの安積明子さんが書いた『「記者会見」の現場で見た永田町の懲りない人々』などに目を通すとより理解が深まると思います。

また同書は政府の官房長官会見を通じて、メディアのヒエラルキーやジャーナリズムの本質について具体的に論評されており、こちらもPRパーソンにとって良いインプットになる一冊です。

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

株式会社ベンチャー広報のメンバーが、10年以上培ってきた広報PRのノウハウやスキルアップ情報を、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。
・「広報PRに取り組み始めたばかりで、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、ぜひ[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。大手メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、併せて配信しています。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・PR会社は大企業だけのものじゃない
・スタートアップに最適化したサービスと価格
・”経営戦略の視点”から広報PRを支援
・スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRは「企業と人々をメディアでつなぐ」
・PRの効果は顧客向けだけではない
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク
 (1)プレスリリースは送るな
 (2)経験から学び、戦略をアップデートする
 (3)目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・各種サービスの料金表

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●実践的な広報PRを学びたいが、専門スキルを持った相談相手が身近にいない…。
●広報担当同士で横のつながり、仲間が欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして独立や転職を考えているが、自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。