2020/12/18

芸能人を招いての記者発表会に疑問あり。

社長ブログ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

企業の記者発表をテレビで報道してもらうひとつの手段として、「芸能人・タレントを使う」という手法があります。たしかに、旬の芸能人やタレントを記者発表会に呼ぶと、テレビ番組からスポーツ紙、女性誌まで、多数のマスコミが会場に集まります。

しかし、僕はこの手法が正しいのかどうか、以前から疑問を持っています。なぜならこの手法には色々と問題があるからです。

ひとつは、費用対効果の面でお金がかかりすぎること。著名な芸能人やタレントを記者発表会に呼ぶと、1~2時間の拘束で、100万円くらいの費用がかかります。大企業ならいざしらず、ベンチャー企業やスタートアップにとってはなかなか出せない金額ですよね。

さらに問題なのは、こうした記者発表に来るのが、各媒体の「芸能人取材班」だということです。彼らの目的は、芸能人やタレントを撮ってコメントを聞くことなので、記者発表会を開いた企業の商品や取組みには、基本的に興味がありません。

だから、発表会当日は多数のマスコミが押し寄せ、テレビ取材も入ります。しかし翌日の放送を見ると放送内容を見ると、メインはあくまで芸能人で、本来主役であるはずの商品やサービスは、申し訳程度しか紹介されない、なんてこともしばしば。

大金を払って、芸能人を呼んで、これって、意味あります? 大手PR会社に記者発表会の企画運営を依頼すると、芸能人・タレントの活用をすすめてくる場合が多いですが、はなはだ疑問です。

まず、記者発表会に、テレビ番組を呼ぶのなら、「情報番組」「報道番組」の取材班でないと意味がない、と肝に銘じましょう。また、ベンチャー企業やスタートアップでも、やり方次第では、芸能人・タレントを使わずに、20~30の媒体を記者発表会に呼び込むことは可能です。

成功ポイントはこの3つ。
・お金をかけすぎない。
・芸能人・タレントを呼ばない。
・記者発表会をする前に、マスコミとの関係づくりをする。

これらの内容についてはまた別の機会の掘り下げたいと思います。

◎[社長ブログ]一覧はこちら

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

株式会社ベンチャー広報のメンバーが、10年以上培ってきた広報PRのノウハウやスキルアップ情報を、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。
・「広報PRに取り組み始めたばかりで、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、ぜひ[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。大手メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、併せて配信しています。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・PR会社は大企業だけのものじゃない
・スタートアップに最適化したサービスと価格
・”経営戦略の視点”から広報PRを支援
・スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRは「企業と人々をメディアでつなぐ」
・PRの効果は顧客向けだけではない
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク
 (1)プレスリリースは送るな
 (2)経験から学び、戦略をアップデートする
 (3)目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・各種サービスの料金表

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●実践的な広報PRを学びたいが、専門スキルを持った相談相手が身近にいない…。
●広報担当同士で横のつながり、仲間が欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして独立や転職を考えているが、自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。