2021/01/29

スタートアップが「記者発表」を成功させる3つのポイント

社長ブログ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

先日、あるスタートアップの記者発表をお手伝いする機会がありました。創業からまだ1年程度、社員数名の若い会社でしたが、テレビ媒体も含め、20名以上のマスコミ関係者にご参加頂きおかげさまで、大変盛り上がりました。

記者会見は大企業だけのもの? いえいえ、そんなことはありません。今回は中小ベンチャー企業・スタートアップが記者会見を成功させるためのノウハウについて、ご紹介したいと思います。

お金をかけすぎない。

大手PR会社に記者会見の企画運営をお願いすると、通常、300~400万円の見積りが出てくるはずです。これはあくまで大企業向けの価格設定ですので、この相場レベルを鵜呑みにしてはいけません。

記者会見は、PR会社に丸投げせず、自社で運営することを基本にすれば、会場を借りて、バックパネル(記者会見用のインタビューボード)を作り、他経費を含めても、効率的にやれば100万円以下で実現できます。

また、記者会見の運営は、一度経験すればそれほど難しいものではありません。全く初めての場合には、PR会社に頼るのもいいですが、その場合、企画・運営・マスコミの集客をPR会社に丸投げするのではなく、コンサル的に関わってもらいましょう。それなら、不必要に高いお金を払わなくてすみますので。

芸能人・タレントを呼ばない。

ベンチャー企業・スタートアップの記者会見にマスコミ関係者を呼び込むのは、大企業に比べて難しいのは確かです。記者会見を開いたのに、マスコミの人が誰も来てくれなかったら…。考えただけでも、背筋が寒くなりますよね。

そこで、お金を払って芸能人やタレントを記者会見に呼び、それをフックにマスコミを集めましょう、となる場合がありますが、正直、私はおすすめしません。

まず、芸能人を呼ぶのにお金がかかりますし(2時間拘束で100万円とか)、テレビ番組内で紹介されても、その芸能人の話題がメインになり、自社の商品やサービスが直接報道されるケースは少ないからです。

記者会見をする前に、マスコミとの関係づくりをする。

一番やってはいけないのは、今までロクに広報活動をやってこなかったのに、いきなり記者会見を企画して、プレスリリースをマスコミ各社に送りつけるやり方です。これではうまくいくはずがありません。記者会見をする前にやるべきなのは、マスコミとの関係構築です。

まず、あなたの手元には、マスコミ関係者の名刺が何枚あるでしょうか。そして、その中で、記者会見にお誘いしたら、来てくれそうな方はいったい何名いるでしょうか。もしそれが10名以下なら、記者会見をやるべきではありません。

その前に、自社に興味関心をもってくれるマスコミ関係者をリサーチし、個別訪問して名刺交換をし、ひとりずつ関係づくりを行いましょう。集中してやれば、3ヵ月で30名程度のマスコミ関係者に会えるはず。このリストがあるからこそ、芸能人やタレントに頼らず、ベンチャー企業でも記者会見にマスコミ関係者を呼び込めるのです。

結局のところ、日頃の地道な広報活動が重要ということですね。

◎[社長ブログ]一覧はこちら

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報のコンサルタントが、10年以上培ってきた広報PRノウハウを、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。

・「広報PRについて、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、随時掲載しております。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・私たちのめざすもの:PR会社は大企業だけのものじゃない
・特徴:スタートアップに最適化したサービスと価格/経営戦略の視点から広報PRを支援
・PRのメリット:スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRについて:企業と人々をメディアでつなぐ
・PRの効果:効果は顧客向けだけではない
・サービス:PR戦略/報道調査分析/報道用資料/メディアリレーション/メディアリスト/記者発表会
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク:プレスリリースは送るな/経験から学び、戦略をアップデートする/目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・料金

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●スタートアップ・中小企業の広報担当者で、実践的な広報PRをゼロから学びたいが、専門スキルを持った相談相手が、身近にいない…。
●広報担当は会社でたった一人なので、広報担当同士で横のつながりが欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして、独立や転職を考えているが、今の自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。