2021/02/12

『東スポ』記事のニュースバリューを分析してみた!

社長ブログ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

昨年末、『東スポWeb』で興味深い報道がありましたね。このネタがなぜ記事になったのか、そのニュースバリュー(報道価値)について、野澤なりに分析してみたいと思います。

テレ東「WBS」が「報ステ」に挑戦状!来年4月午後10時枠へ移動の〝勝算〟

まず注目は、冒頭の「ワールドビジネスサテライト(WBS)が、現在の平日午後11時枠から、来年4月に平日午後10時枠への移動で調整していることが本紙の取材で分かった」の“本紙の取材で分かった”という部分。これはこの報道が東スポのスクープだという意味です。

まだ他のマスコミが報道していない独自情報ですから、プレスリリースで一斉配信された情報などとは異なり、その報道価値は高いといえます。ただし、スクープ・独自情報だからといって、必ずしも報道に値するわけではありません。

「テレ東・WBSの放送時間が変更になる(かもしれない)」という話題は、テレビ関係者やわれわれ広報関係者にとっては大ニュースかもしれませんが、『東スポ』を読んでいる一般読者にとっては、それほど関心は高くないネタでしょう。スクープかどうか以前に、このネタに「本質的なニュース価値があるかどうか」が重要なんです。

そこで、この記事では単に、テレ東・WBSの放送時間変更という事実をただストレートに報じるだけなく、そこに複数のニュース価値を追加しています。まず記事の書き出しを見てください。「百合子さんもビックリ!?」となっています。そして記事についている写真も小池百合子都知事です。

ところが記事を読むと、小池都知事はこの記事の中核となるテーマとはあまり関係がありません。なのになぜそこにフォーカスするのか。それは「話題性」というニュース価値を追加するためです(まあやや無理筋ではありますが・笑。これはいかにもスポーツ紙っぽいですね)。

このコロナ禍の中で、小池都知事の言動は常に注目されています。だから記者としてはそこに乗っかりたいわけですね。「百合子さんもビックリ!?」という記事の書き出しにして小池都知事の写真を掲載することで、一般読者が注目して記事を読んでくれることを狙っています。小池都知事がWBSのキャスターをしていたことを知らない一般読者にとっては「へえ~」ってなりますしね。

ちなみに、写真のキャプションも興味深いです。「WBS初代メインキャスターは小池百合子氏だった」。小池都知事ではなく“小池百合子氏”となっています。この記事では都知事としての小池氏ではなく、個人としての小池氏について書いていますから、こういう表記になるわけです。マスコミというのはこういう細部にもこだわって記事を作っています。

記事の終盤には、テレビ朝日系「報道ステーション」の話が出てきます。「報ステ」といえば、最近、誤報で謝罪に追い込まれたばかり。

テレ朝、安倍前首相を事情聴取と誤報 「報ステ」で謝罪

この誤報の記事が出たのが12月18日で「テレ東・WBSの放送時間が変更」の記事がその直後に出ているのは偶然ではないと思います。

マスコミは「そのネタをなぜ今、報道すべきなのか」「どのタイミングで報道すべきか」ということをとても気にします。「報ステ」がチョンボをした直後だからこそ、この記事で書かれている「加えてライバル(「報ステ」)は今年、評価がガタ落ちした」という文脈にもより説得力が出てくるわけです。これは「時事性」というニュース価値を追加するという意図があります。

整理すると、この1本の記事にはニュースバリューのポイントが複数あることがわかります。
・独自性:本紙の取材で分かった=スクープである
・意外性:32年間、WBSの放送枠はずっと午後11時枠だったのに何故今変更?
・時事性:先日も誤報で謝罪した「報ステ」の枠にWBSが進出
・話題性:WBSは昨今注目の小池百合子氏が初代のキャスターであった
「ニュースバリューのポイントが複数ある」これはとても重要で、マスコミはこれをとても意識しています。

ぜひ皆さんもプレスリリースを書くときに、なるべく複数のニュースバリューが入るように工夫してください。そのほうが報道されやすくなります。

新聞記者なんかは、プレスリリースを読んだときに、そこに含まれるニュースバリューの数を麻雀に例えて「もう1翻(イーハン)足りないな」「あと1翻(イーハン)あると記事にしやすいんだけどね」とか言ったりします。麻雀では、4翻あると(つまり役が4つあると)満貫という高得点になります。新聞記事も一緒でニュースバリューが4つ以上含まれていると記事になりやすいみたいですね。

なお、この記事でははこんな一文を入れて、ちゃっかりエクスキューズもしています。
———–
テレ東の総合編成局宣伝部は本紙取材に「4月編成について、現時点で決定していることはございません」と、「現時点で」の断りを入れて回答。複数の関係者の話を総合すると調整していることは事実で、現在は「確定」ではなく「内定」の段階という。
———–
こう書いておけば、後で誤報になることはないですし、テレ東からクレームが来ることもないですから。そういう点も含めて、この記事はよく出来ていると思います。

結局、2021年1月25日に行われた4月改編発表会見にて、1990年以来の「23時スタート」から31年ぶりの枠移動が、テレビ東京側から正式に発表されました。「日付以外は全て誤報」と揶揄されることもある東スポさんですが、今回はちゃんとしたスクープでしたね!

▶ [社長ブログ]一覧はこちら

 

 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 

株式会社ベンチャー広報
代表取締役 野澤直人
大学卒業後、経営情報サービス会社に入社。 マスコミ業界に転じ、ビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上を取材。その後、当時無名だった海外留学関連のベンチャー企業に参画し、広報部門をゼロから立ち上げ毎年100~140件のマスコミ露出を実現。5年で売上10倍という同社の急成長に貢献。

2010年に日本では珍しいベンチャー企業・スタートアップ専門のPR会社として株式会社ベンチャー広報を創業。以来10年間、プレスリリースに頼らない画期的な手法で、400社を超える企業の広報活動を支援。

講演・講師実績も多数。著書に『【小さな会社】逆襲の広報PR術』。 2014年より名証セントレックス上場のIT企業・株式会社ガイアックスの執行役を兼務。2019年より広報初心者のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」を主宰。

 

スタートアップの広報なら、まずこの1冊『逆襲の広報PR術』

私は仕事柄、こんな相談をよく受けます。

  • 経営者:
    「これから広報に力を入れようと思うのですが、何から手をつけたらいいでしょうか」
     
  • 広報担当者:
    「私、今まで広報の仕事をやったことがないのですが、会社から広報担当に指名されました。何から手をつけたらいいでしょうか」

そんなお悩みを抱えてしまった場合、ぜひこちらを読んでください。中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者、広報担当者にオススメの1冊です。

逆襲の広報
逆襲の広報PR術』野澤直人・著

私の原体験を含め、これまでの経験と、ゲリラ的広報PRノウハウ50連発!等をまとめた拙著です。

私が広報初心者だったころは、広報PR関連の本を本当にたくさん読みました。世の中にある広報PR関連の書籍をほぼ全て読破した、と言っても過言ではありません。

私の経験からいうと、経験豊富で優秀な広報の方ほど勉強熱心で、とても多くの関連書籍を繰り返し読んでいます。広報初心者の方でしたら、関連書籍を5冊読むことからスタートしましょう。

本から学べることは非常に多く基本を知るにはそれで十分です。PRコンサルに相談するより、本を読んだほうが効率的に学べます。

ただ、中小ベンチャー企業で広報をされている方は、書籍選びに注意が必要です。

というのも、書店で販売されている広報PR関連の書籍はそのほとんどが、大企業の広報担当者向けに書かれているからです。

『広報PRとは何か』という一般常識を知る上で、そういった書籍も読む必要はあるのですが、中小ベンチャー企業で広報をする上で、実務的にはあまり役に立ちません。

広報PR関係の本を何冊か読み進めていくと、だいたいどの本も同じような内容なので、退屈になってきます。そうなったら、書籍からノウハウを吸収する段階はいったん卒業です。

そして、そこからが本当の勉強になります。

書籍で得た知見をベースに広報PRの実務を通じて、自分なりのやり方やノウハウを作っていきましょう。それこそが『本当のノウハウ、知見』であり、当然ながらそれは、書店で販売されている書籍には書かれていないものなのです。
 

PR会社・ベンチャー広報が、
スタートアップ企業向けサービスにこだわる理由


 
 
私は上場企業や大企業での広報PR担当の経験はありません。

今まで、サラリーマン時代も含め約20年以上、広報PRの業界にいますが、ずっと、中小中堅企業、ベンチャー企業、スタートアップの広報のお手伝いばかりしてきました。

なぜ、中小ベンチャー企業の広報PRにこだわるのか、その理由は、私の原体験にあります。約20年前、某ベンチャー企業の広報担当者として、PRマンのキャリアがスタートしました。

広報に関して全くのド素人だったものですから、プロに手伝ってもらった方が早いと思い、複数のPR会社さんに声をかけて、見積をとりました。

すると、出て来た見積金額は、安くても月額60万円、高い会社は、なんと月額100万円!
しかも、最低1年契約が条件でした。年間にすると、約1000万円の費用がかかる計算です。

当時、私がいたのは年商2億円程度のベンチャー企業でしたから、PR会社にそんな大金を払えるはずもありません。しかも、それらのPR会社さんが提供してくれるサービス内容といえば、「まずは半年から1年くらいかけて、じっくりブランド戦略を練りましょう。」というお話でした。こちらは、明日からすぐに、新聞やテレビからバンバン取材される方法を知りたいのに、全く話が噛み合いませんでした。

その数年後、私はある中堅のPR会社に転職します。入社してすぐに、知り合いのベンチャー企業の社長から「うちの会社のPRを手伝って欲しい」と声をかけて頂きました。あまり予算がないが月額20万円×3ヵ月契約ならなんとか、ということで、ほぼ発注して頂くことが決まり、社に戻って上司に報告したところ、「月額20万円しか出せない会社は、客じゃない。今すぐ断ってこい。」と言われたのです。

その時、私はわかりました。

名の知れた一般のPR会社は、月額80~100万円の料金を支払える大企業だけを相手に商売をし、中小ベンチャー企業なんて、最初から相手にしない、という現実...

私はこうも思いました。

資金が潤沢な大企業は、広報PRに頼らず、有料の広告をどんどん出せばいいではないか... 無料で宣伝できる広報PRは、お金のない中小ベンチャーにこそ必要なのに、そこにサービスを提供するPR会社がないのはおかしい...と。

そういう会社がないなら、自分で作ってしまえ!ということで、日本でも珍しい、スタートアップ・中小ベンチャー企業専門のPR会社『株式会社ベンチャー広報』を設立しました。

そして、全国の広報担当者様や経営者様にそのノウハウをお伝えするため『逆襲の広報PR術』を出版いたしました。

逆襲の広報
逆襲の広報PR術』野澤直人・著

この本には、PR業界の中では、非常識な手法・ノウハウもあるかもしれません。しかし、スタートアップ・中小ベンチャー企業を広報PRで成功させることができる良書に仕上がったと自負しています。

なぜなら、私が実践して結果を出してきたノウハウだからです。ぜひ参考にしていただければと思います。

また、

  • 「今のPR会社に満足していない」
  • 「PR会社に広報PR業務のコンサルティングをお願いすること検討中」
  • 「PR会社に広報PR業務を委託することを検討中」

などのお悩みや課題がございましたら、下記フォームより、お気軽にお問い合わせください。

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役 野澤直人

 

お問い合わせフォーム

お問合わせ項目必須
お問合わせ内容必須
企業・団体名必須
フリガナ
部署名
お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
住所必須
文字を入力して下さい必須
captcha

 

 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 

 

 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。