2021/03/12

「マスコミ」と「広報」はコインの裏表

社長ブログ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

以前、こんな報道がありました。
・NHK松苗竜太郎アナが富士通の広報マンに転身!エースアナ候補が第2の人生決断

「マスコミ」と「広報」はコインの裏表です。法律の世界で言えば、検事と弁護士の関係に似ています。マスコミ出身の広報担当者は、いわばヤメ検(元検事の弁護士を指す俗称)。マスコミ心理やマスコミの行動特性を知っているからこそ、上手な広報のやり方を思いつくわけです。

アメリカでは、マスコミ業界と広報PR業界を行ったり来たりしながら、キャリアップするのが普通になっています。2020年3月に、ある一部上場企業の広報部長を講師に招いてセミナーを開催しました。この広報部長は元日経新聞の記者で、一部上場企業から引き抜かれて同社の広報になり、大成功されています。

同じく、当社で過去にセミナー講師をお願いした、元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏や元週刊朝日編集長の山口一臣氏は、現在、広報PRのコンサルとしても活躍されています。

野澤も出版社で編集の仕事を経験してから広報の世界に入りましたが、中堅PR会社の社長にはマスコミ出身者が多いですね。最近は、マスコミと広報の仕事をあえて両立しながら活動する方も増えています。

野呂エイシロウさんは現役の放送作家でありながら、PRコンサルタントをしていますし、本谷亜紀さんは、ラーメン評論家としてテレビ出演する一方、広報のお仕事もされています。その他、フリーランスで広報をしながら、副業でライターをする方も増えているようです。

「マスコミ心理を理解する」という意味では、広報をしながらマスコミの仕事に関わるというのは、とても上手いやり方だと思います。これからは「マスコミを辞めて広報に転職する」ではなく、「マスコミ(メディア)と広報、両方の仕事を同時にやる」という働き方が増えるのかもしれませんね。

◎[社長ブログ]一覧はこちら

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

株式会社ベンチャー広報のメンバーが、10年以上培ってきた広報PRのノウハウやスキルアップ情報を、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。
・「広報PRに取り組み始めたばかりで、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、ぜひ[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。大手メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、併せて配信しています。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・PR会社は大企業だけのものじゃない
・スタートアップに最適化したサービスと価格
・”経営戦略の視点”から広報PRを支援
・スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRは「企業と人々をメディアでつなぐ」
・PRの効果は顧客向けだけではない
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク
 (1)プレスリリースは送るな
 (2)経験から学び、戦略をアップデートする
 (3)目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・各種サービスの料金表

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●実践的な広報PRを学びたいが、専門スキルを持った相談相手が身近にいない…。
●広報担当同士で横のつながり、仲間が欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして独立や転職を考えているが、自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。