2021/04/23

1000本ノックを嫌がるプロフェッショナルはいない。

社長ブログ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

田端慎太郎さんってご存知ですか? リクルートで「R25」創刊、ライブドアでメディア事業部長、LINE 広告担当の上級執行役員、ZOZOで広報担当執行役員というキャリアを持つ、広告・マーケティング領域の専門家です。

現在は、Twitterのフォロワーが34万人以上いる(2021年4月現在)インフルエンサーとしても活躍されています。先日、オンラインサロン・田端大学に、野澤がゲスト講師として登壇させて頂いたのですが、田端さんはこんなことを言っていました。

「営業マンが飛び込み訪問で顧客対応を身体知にするように、コピーライターは、100本ノック、1000本ノックのようにたくさん書く時期を必ず通過するのでしょう」。

広報も全く同じだと思います。

広報の仕事を始めたばかりの時期は、とにかく量をこなすことが大切です。広報担当者になって最初の1年が、その後、プロフェッショナルになれるかどうかの大きな分かれ道になります。そこで今回、野澤流の「広報1000本ノック」をまとめてみました。

広報やマスコミに関する書籍を読みまくる。

10冊読了が最低ライン。できれば、毎週1冊、1年間で50冊。広報の仕事を始めたばかりの時期は、書籍からのインプットは本当に大切です。

広報やマスコミに関するセミナーや講座に参加しまくる。

月1回が最低ライン。できれば月2~3回。広報の専門家やマスコミ関係者が講師をするので、そういう方と接点を作れるという副次的効果もあります。

プレスリリースを書きまくる。

月1本が最低ライン。できれば、毎週1本、1年間で50本書く。実際に社外に出すかどうかは別にして、社内でネタを探して、とにかく書く練習をしましょう。書けば書くほど上手くなります。

マスコミ関係者と会いまくる。

月3人が最低ライン。できれば、月10人、1年間で100人以上に会ってください。これは一番難易度の高いですが、もしやり切れば、広報担当者としてかなりレベルアップできます。

他社の広報担当に会いまくる。

月1人が最低ライン。できれば、毎月2~3人。他社の広報担当者(広報の先輩)が何を考えて何をしているか知るのはとても勉強になります。広報同士の横のつながりも作れます。20年前、僕が広報の仕事を始めたばかりの頃を思い出すと、確かにこれをやっていました。

最初の1年間はとても大変でしたが、やったらやっただけ仕事で成果が出たし、2年目以降はすっかり専門家面していましたね(笑)。短期集中で1年間必死にがんばれば、広報の知識や経験を急激に高めることは可能です。

もし本気で広報のプロフェッショナルを目指すなら、自らに1000本ノックを課してください。

◎[社長ブログ]一覧はこちら

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報のコンサルタントが、10年以上培ってきた広報PRノウハウを、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。

・「広報PRについて、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、随時掲載しております。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・私たちのめざすもの:PR会社は大企業だけのものじゃない
・特徴:スタートアップに最適化したサービスと価格/経営戦略の視点から広報PRを支援
・PRのメリット:スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRについて:企業と人々をメディアでつなぐ
・PRの効果:効果は顧客向けだけではない
・サービス:PR戦略/報道調査分析/報道用資料/メディアリレーション/メディアリスト/記者発表会
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク:プレスリリースは送るな/経験から学び、戦略をアップデートする/目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・料金

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●スタートアップ・中小企業の広報担当者で、実践的な広報PRをゼロから学びたいが、専門スキルを持った相談相手が、身近にいない…。
●広報担当は会社でたった一人なので、広報担当同士で横のつながりが欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして、独立や転職を考えているが、今の自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。