2020/02/13

テレビ露出に強いPRマンがやっている、ただ一つのこと

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

あるベンチャー企業の広報の方からこんなご相談を受けたことがあります。

「来月発売する女性向けの新商品を、テレビに露出したいと考えています。朝の情報番組や昼のワイドショーで取り上げてもらうにはどうしたらいいでしょうか。」

大企業の発売する注目の新商品ならまだしもい、ベンチャー企業の商品をテレビに取り上げてもらうのは、かなりハードルが高いです。

おそらく、単純にプレスリリースを送っただけでは見向きもされず、テレビ露出は無理でしょう。こんなとき、プロのPRマンはどうするのか。

今回はそのノウハウの一部を公開したいと思います。

テレビ露出に強いPRマンがやっているただ一つのこと

それは、
「取材して欲しい番組を詳細に分析して、とにかく視聴すること」です。

例えば、日本テレビの「スッキリ!!」であれば、当時、こんなタイムテーブルで放送されていました。

8:00 番組開始/トップニュース、オープニング
8:50頃 クリップ
9:10頃 きょうの特集、曜日別コーナー(以下、過去の事例を引用)
(月)ガチリポ!
(火)WEニュース
(水)きょうの特集
(木)○○に行ってみた
(金)とことんスッキリ調べ隊
9:30 【曜日別コーナー】
(月)真麻の朝ART「あさ芸」
(火)ダイノジ大地の一家4人 2度目のマイホーム探し
→ 失敗しない家探し!目指せ!ハウスマイスター
(水)スッタメ
(木)GENKINGのプチプラでおキャワたんまたはスッキリ商品開発部
(金)スイーツ真壁のうまいッス
9:45頃 エンタメまるごとクイズッス
10:07頃 報道フロアからニュース
10:15頃 天気予報
10:17頃 ローカル天気予報
10:20頃 スッキリす・今日の誕生月占い
10:22頃 エンディング
10:23 終了

さて、このタイムテーブルを見て、どう思われますか。

そうです。実は、情報番組であっても、新商品など企業の情報を取り上げてくれるコーナー枠はそれほど多くありません。放送時間のほとんどは、ニュースや芸能、スポーツの話題ばかり。

情報番組のコンテンツ別の放送時間は、だいたいこんな感じの割合ではないでしょうか。

  • ニュース報道枠:40%
  • 芸能・スポーツ:30%
  • 天気予報・占いなど:15%
  • 特集・企画コーナー枠:15%

例えば、上記の「スッキリ!!」のタイムテーブルの中で、「クリップ」なら新商品を扱ってくれる可能性があると推測できたら、番組宛になんとなくプレスリリースを送るのではなく、「クリップ」の担当ディレクターの名前を調べて、その人に会いにいくのが一番いいですよね。

同じように、他の情報番組についても、タイムテーブルを詳しく調べて、企画特集のコーナー枠を全てピックアップしてください。番組のホームページやWikipediaをみれば、かなりの情報が収集できます。

その上で、必ずやって頂きたいのは、各番組を継続的に視聴することです。

今は、全キー局(NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京)の全ての番組を一定期間録画できるビデオがあります。

情報番組やワイドショー、夕方のニュース番組については、全キー局を全て録画して、内容をチェックしましょう。

野澤直人

 


 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 
 


 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 
 


 
 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。