2020/02/18

プレスリリースをマスコミに届ける「最強の手法」とは

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

IT業界の方とお話していると、
「プレスリリースってメールで送るんですよね?」
と言われて、びっくりすることがあります。

IT業界の方は普段からメールやインターネットを使う機会が多いためか、
「プレスリリース=メールで送るもの」
と思っている方がいますが、これは大きな間違いです。

Webメディアにプレスリリースを掲載してもらうため、メールで送る、といった場面はあるかもしれませんが、
「プレスリリース自体がWebメディアに掲載されること」と、
「自社の記事がWebメディアに掲載されること」
は似て非なるものです。

たしかに、自社ホームページや商品サイトのURLが記載されているプレスリリースがWebメディア等に多く掲載されれば、そこから自社ホームページへの流入が増えたり、外部リンク増によるSEO効果が期待できるでしょう。

実際にプレスリリースの配信代行会社でそれを売りにしているところもあります。

ただし、プレスリリースの送付の目的が、マスコミから取材されることなら、
「プレスリリース自体がWebメディアに掲載されること」
にほとんど価値はありません。

Webメディアならまだしも、新聞や雑誌、テレビに対してメールでプレスリリースを送っても、記者、編集者、ディレクターに届くことはまずありません。
※いわゆるプレスリリース受付窓口のメールアドレスに送った場合。

プレスリリースの配信方法の基本はFAXです。

それを基本として、プレスリリースの送付方法は、媒体ごとに使い分けます。
以下の原則に従えば、間違いないでしょう。
 

1.新聞・雑誌(紙媒体):FAX、郵送

基本はFAX。リリースの分量が多い場合や、商品リリースなどで写真が重要な場合には郵送を使う場合もある。リリース受付窓口へメールで送るのは無駄なのでやめましょう。
 

2.テレビ・ラジオ(電波媒体):郵送、FAX

基本は郵送。テレビ関係者は仕事柄、文字ではなく写真や映像で物事を理解します。リリースも写真を多めに、カラーで作るのが良い。それを活かすとなると結果、郵送になる。
速報性の高いイベント系のニュースなどはFAXで送る場合も。
 

3.Web媒体:メール、FAX

基本はメール。 リリース受付窓口にリリースを送っても、比較的記者さんに見てもらえます。ネタが面白ければ、リリース送付だけで記事化されることも。
 

これらを踏まえた上で、皆さまには、さらに最強の手段をお伝えしましょう。

それは「電話」です。

ある程度下調べをして、記者(編集者)を特定する必要がありますが、署名記事などで
「この人は自社の商品・サービスに興味を持ってくれそうだな」
という記者さんを見つけたら、まずは電話してみるべきです。

「面白い情報があるので、今、1分だけ時間もらえませんか?」
と前置きして、プレスリリースの内容を説明します。
もし、興味をもってもらえたならしめたもの。アポイントをとって記者に会いに行きましょう。

何百枚もプレスリリースを送るより、取材になる確率は格段に高いですよ。

野澤直人

 


 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 
 


 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 
 


 
 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。