2020/05/08

10年後、広報の仕事はどうなる?

社長ブログ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役の野澤直人です。

10年後に広報という仕事は無くなっているかもしれません。

特に「マスコミ広報」はその可能性が高いと思っています。少なくとも広報の役割や仕事の内容は変わるでしょう。

なぜなら広報の仕事に深く関わる「メディア」というものが、10年後には大きく変化しているからです。

ご存知のとおり、今、マスメディア(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ)は徐々に衰退に向かう一方、ソーシャルメディア(facebook、twitter、Instagram、youtubeなど)の影響力が強くなっています。

新聞や雑誌などの紙媒体は部数が激減し、これからWEBに移行しデジタル化してゆきます。テレビ番組は、オンデマンド化しスマホで視聴するようになるでしょう。

マスメディアに共通するのは読者・視聴者の高齢化です。今後、従来型のマスメディアでは若者にリーチできなくなります。

海外に目を向けるとNewsweekはすでに完全デジタル化しました。日経新聞も電子版の読者が急速に増えています。朝日・読売も電子版の普及に積極的です。10年後には、もう紙で新聞を読む人はいなくなるかもしれません。

20代・30代の若者はテレビを見ません。彼らが見るのは、youtubeの動画やライブ配信です。Netflixなどの定額サービスの利用者が今後ますます増えるでしょう。

雑誌はどうでしょうか。ファッション誌やライフスタイル誌はWEB媒体化し、そのポジションはInstagramにとって代わられるかもしれません。ビジネス誌もしかり。すでに若手ビジネスマンは、週刊ダイヤモンドや日経ビジネスではなく、NewsPicksから情報を得るようになっています。

おそらくこれからは、ソーシャルメディアに詳しくないと広報担当者はつとまらなくなるでしょう。そして、ここは重要なポイントですが、ソーシャルメディアとマスコミ広報は、親和性があり相乗効果が非常に高い。

もし10年後も広報の仕事を続けたいなら、マスコミ広報のスキルを維持・向上させながらも、ソーシャルメディアのリテラシーを身につけるべきだと思います。

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

株式会社ベンチャー広報のメンバーが、10年以上培ってきた広報PRのノウハウやスキルアップ情報を、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。
・「広報PRに取り組み始めたばかりで、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、ぜひ[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。大手メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、併せて配信しています。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・PR会社は大企業だけのものじゃない
・スタートアップに最適化したサービスと価格
・”経営戦略の視点”から広報PRを支援
・スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRは「企業と人々をメディアでつなぐ」
・PRの効果は顧客向けだけではない
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク
 (1)プレスリリースは送るな
 (2)経験から学び、戦略をアップデートする
 (3)目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・各種サービスの料金表

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●実践的な広報PRを学びたいが、専門スキルを持った相談相手が身近にいない…。
●広報担当同士で横のつながり、仲間が欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして独立や転職を考えているが、自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。