2020/11/18

ライターと編集部スタッフ、どちらを狙うべきか?-女性誌攻略のススメ!vol.11

広報PRノウハウ

ベンチャー・スタートアップのためのPR会社
ベンチャー広報の佐藤です。

女性誌だけでなくビジネス誌やWebを含めたマスコミでは、編集部スタッフの他に多くのフリーライターの方が関わっています。その中でも女性誌、特に美容ネタには、“美容ジャーナリスト”や“美容ライター”と呼ばれる美容業界に特化したフリーのライターが数多くいます。

では、編集部のスタッフとライターでは、どちらを狙ってアプローチをした方がいいのでしょうか? そしてフリーライターには、どのようにアプローチすべきなのか? 今回はそれについて書きたいと思います。

まずは編集部スタッフなのか、ライターなのかを見極める

最初に言うと、美容ページでの露出を狙う場合、いわゆる美容ジャーナリスト、美容ライターは、とても重要な存在です。編集部スタッフと美容ライターでは役割やアプローチする手段が違うので、まずは記事を書いているのはどちらなのかを見極める必要があります。

この記事を書いているのは誰なのか? 新聞と違い、女性誌では記事テキストの最初や最後に執筆者の署名があるわけではありません。誰が書いているのかを確認するには、企画タイトルの下や横に小さく書かれているクレジットを確認しましょう。注目すべき部分は、「構成」もしくは「edit」、「取材・文」もしくは「text」に書かれた名前です。

構成(edit)は、写真や文字の配置、タイトルの大きさなど誌面の構成をした人で、ここはだいたい編集部のスタッフが担当しています。取材・文(text)は、紹介する商品を撮影するための手配をしたり、記事を書いたりした人のことです。ここは主にライターさんが担当しています。

女性誌では、構成を担当する編集スタッフと、取材・文を担当するライターさんがペアになって企画を担っており、その企画で紹介する商品は、編集スタッフとライターさんが一緒に選定していることが多いです。

いかにパーソナル情報を掴んでいるかが鍵

編集部のスタッフにアプローチしたければ編集部に電話をすればいいですが、フリーのライターさんは編集部に在籍していないので、当り前ですが編集部に連絡をしたところでアプローチできません。

美容ライターさんは、編集プロダクションに所属している場合も多いため、所属先を調べて編集プロダクションへ連絡を入れる、というのも1つの手です。

しかし、編集プロダクションに所属しておらず、完全にフリーランスで活動しているライターさんには、個人のメールアドレスや携帯電話番号など直通の電話番号を把握できていないと、コンタクトを取ることさえほぼ不可能です。

そのため、
・編集プロダクション所属か、完全にフリーランスなのか
・メールアドレス
・個人の携帯電話
この3つを掴んでおく必要があります。

また、編集部のスタッフと違い、ライターさんは複数の媒体で執筆しています。女性誌の特性上、同じ時期に発売される号では、雑誌が違っても同じようなテーマの特集・企画が組まれることが少なくありません。1つの媒体で取材した商品を、全く他の媒体でも紹介してくれる、といったことはよくあることです。

もし取材対応などを通じて、フリーのライターさんと知り合ったときには、必ず「○○さんは、他にはどんな媒体で記事を書かれているのですか」と聞いて、その情報をメモしておきましょう。この人にアプローチをすると、どんな媒体への露出の可能性が広がるのか、これを把握するのは女性誌攻略にはかなり重要です。

結論、編集スタッフとライターはどちらにもアプローチすべき!

「ライターは記事を書くかもしれないけど、企画の決定権は持っていないですよね?」と聞かれることがありますが、それは間違いです。

以前、某大手出版社の40代向け女性誌で執筆している美容ライターさんとお話した際、「企画会議が隔週に1回あって、そこに毎回最低5本は企画を持っていかなければいけない」という話を聞きました。

つまり、美容ページでは、企画を編集部スタッフが決定して取材だけライターに任せるのではなく、企画の組み立て段階からがっつりライターが関わっているのです。ですから、編集スタッフとライターのどちらかではなく、“どちらも”アプローチすべきなのです。

プレスリリースの送付やメディアサンプリングなどをしたりする際にも、編集部だけでなく、美容ジャーナリストや美容ライターにも同時にアプローチすることで、露出確率はより高まるはずです。

◎[女性誌攻略のススメ!]シリーズ一覧はこちら

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報のコンサルタントが、10年以上培ってきた広報PRノウハウを、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。

・「広報PRについて、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、随時掲載しております。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・私たちのめざすもの:PR会社は大企業だけのものじゃない
・特徴:スタートアップに最適化したサービスと価格/経営戦略の視点から広報PRを支援
・PRのメリット:スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRについて:企業と人々をメディアでつなぐ
・PRの効果:効果は顧客向けだけではない
・サービス:PR戦略/報道調査分析/報道用資料/メディアリレーション/メディアリスト/記者発表会
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク:プレスリリースは送るな/経験から学び、戦略をアップデートする/目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・料金

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●スタートアップ・中小企業の広報担当者で、実践的な広報PRをゼロから学びたいが、専門スキルを持った相談相手が、身近にいない…。
●広報担当は会社でたった一人なので、広報担当同士で横のつながりが欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして、独立や転職を考えているが、今の自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。