2021/01/27

広報を内製化・組織化したいときに捨てるべき3つの思い込み

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
ベンチャー広報の島田です。

さて、当社は「ベンチャー広報」という企業名の通り、スタートアップやベンチャー企業からの引き合いが多くあります。当社のご活用を検討いただく企業様からの相談で多いのが、「追々、広報を内製化(組織化)したいと考えている」という内容です。

自身の企業広報の経験から「社内に自走できる広報がいると心強い」と痛感する一方、完全に自走できる広報パーソンはなかなかいないという現実も意識します(経営層のみなさま、社内に自走できている広報担当者さんがいれば、絶対に大事にしてくださいね!)。

今回は、広報機能を内製化・組織化したいときに、捨てていただきたい3つの思い込みについてお話させてください。

(1)「メディアリレーションさえあれば広報機能が成立する」という思い込み

広報機能(広報組織)を作る際に必要な要素は何だと思いますか? という質問に対して「メディアリレーション」という回答がとても多いです。

きっぱりお答えします。その考えは間違っています!!!
残念ながらメディアリレーションがあるだけで広報機能は成立しません。

メディアと関係があるだけで広報機能が成立していれば、PR会社の存在はとうの昔に淘汰されていたはず。

メディアリレーション(=メディアとの関係)とともに「最適な情報を最適な形で、かつ最適なタイミングで渡せるか」がとても重要なのです。そのほかにも実はテクニカルなことが多い広報業務。メディアリレーションさえあれば、何とかなる! という思い込みはなくしましょう。

(2)「ノウハウがなくても何とかなる」という思い込み

広報という仕事を続けて約10年になるのですが、これを知らなかったら業務できていなかっただろうな…ということが結構多いです。

広報戦略の立案や報道分析、企画立案やメディアへの情報提供など、簡単に言葉にできても、それを行動に移して成果に繋げるとなると本当に「技術と経験が必要だ」としみじみ感じます。

コロナ禍で様々な部門でDX(デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれる中、メディアや広報も、DXの波に乗らざるを得ない時代になりました。ますますノウハウを重ねて、新たな当たり前に対応していかなければならない、大変な時期になっているのです。

ちょっと規模感の大きい話になりましたが、広報は専門職と言われるくらい「ノウハウと経験」が要となる職種です。ノウハウがなくても何とかなるだろうと軽い気持ちで初めてしまうと、広報担当者も経営層も不幸になってしまいます。

「ノウハウがなくても何とかなる」という考えは捨ててください!

(3)「広報が何とかしてくれる」という思い込み

「自走できる広報=経営層・会社と方針やゴール設計が握れて、安心して広報活動ができる」状態だということを理解してください。広報担当者が方針やら何やら全て決めて走れるなんてことはありません。

では、広報担当者が1番コミュニケーションを取るべき人は誰でしょうか。それは経営層です。経営層の方針に対して、広報として何をどう実現できるかを考え、「メディアを通してどう伝えていくのが最適なのか」という「方向性と手法」を選定・実行することが広報としての重要な役割です。

経営層の方は、どうか面倒くさがらずに広報担当者とビジョンを共有してください。

ということで、広報の内製化・組織化をする際に捨ててほしい3つの思い込みについて、お話させていただきました。

ノウハウもないまま模索しながら組織形成を図るより、プロに委ねていただくことが組織形成の最短ルートになる可能性もあります。ぜひ、参考にしてみてください。

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報のコンサルタントが、10年以上培ってきた広報PRノウハウを、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。

・「広報PRについて、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、随時掲載しております。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・私たちのめざすもの:PR会社は大企業だけのものじゃない
・特徴:スタートアップに最適化したサービスと価格/経営戦略の視点から広報PRを支援
・PRのメリット:スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRについて:企業と人々をメディアでつなぐ
・PRの効果:効果は顧客向けだけではない
・サービス:PR戦略/報道調査分析/報道用資料/メディアリレーション/メディアリスト/記者発表会
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク:プレスリリースは送るな/経験から学び、戦略をアップデートする/目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・料金

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●スタートアップ・中小企業の広報担当者で、実践的な広報PRをゼロから学びたいが、専門スキルを持った相談相手が、身近にいない…。
●広報担当は会社でたった一人なので、広報担当同士で横のつながりが欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして、独立や転職を考えているが、今の自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。