2021/03/31

スパ・サロン・クリニックなどの“施設”をPRする方法とは?-女性誌攻略のススメ!vol.15

広報PRノウハウ

ベンチャー・スタートアップのためのPR会社
ベンチャー広報の佐藤です。

先日、新人広報の方から「うちはスパサロンを経営していて、商品などの“モノ”がないんです。でもターゲットは20代~30代の女性なので女性誌に露出させたいと思っていて、その場合はどうやってPRしていけばいいですか?」という相談を頂きました。

サロンやスパ、クリニックなど、“モノ”ではなく“施設”を女性誌に露出させる方法はたくさんあります。今回はその一部ご紹介したいと思います。

モノがなければ「体験」を使う

PRにおいて、「実際に体験してもらって、その魅力を実感してもらう」ということはとても重要です。

商品PRの場合はモノそのものがあるので、それをキャラバンの時に持参したり、もしくは編集部に送ったりして、実際に使ってみてもらいながら、その商品を体験してもらうことができます。

しかし、施設だとそれができません。サロンやスパ、クリニックなどの施設は、実物の“モノ”がないため、「体験してもらう」ということに対して、商品PRと比べて少し工夫が必要です。

なぜ工夫が必要かと言うと、体験してもらうにはこちらから何かを送るのではなく、メディアの方からサロンに足を運んでもらう必要があるからです。実際にサロンに来てもらって、メニューを体験してもらい、お店の雰囲気含めて体験していただきます。

ではどうやって、メディアの方をサロンに誘致すれば良いのでしょうか? ただ単純に、「サロンへ体験にきてもらえませんか?」と声をかけただけではなかなか来てもらえないでしょう。

サロン体験に誘致する方法(タイミング)は、大きく3つあります。

(1)メディア体験会を実施する

新商品発表会や記者会見のように、1日(もしくは数日に分けても可)この日、という日時を決めて集中的にメディアを誘致する方法です。新しいサロンがオープンしたときや店内をリニューアルしたタイミングなど、比較的大きなニュースがあるときに実施します。

やり方は記者発表会と同じです。発表会の日程を決め、メディア向け招待状を作成して誘致。体験だけではなくプレゼンも併せることで、記者発表会も兼ねることができます。

(2)プレスリリースに体験希望用紙をつける

(1)の体験会と違うのは、1日に集中してメディアを呼ぶ、ということではない点です。

新しいメニューや新しいコースをつくり、それをプレスリリースとして発信するときに、「この新しいメニューを体験したい方は、ご希望の日程をいただければご体験可能ですよ」という形で、希望者を個別にサロン誘致する方法です。

イメージとしては、(1)よりも少し小規模なニュースがあるときにこの方法を使うといいと思います。

(3)その時期ならではのメニューを使う

(1)と(2)は、新しい情報があるときに有効ですが、新店舗もない、新しいメニューもつくれない、という「新しい情報が何もない」という時には、季節ネタに併せた既存メニューの体験に誘致する、という方法があります。

例えば、今後の梅雨時期に向けて、
ヘアサロンであれば、梅雨時期の髪のうねりを抑えるトリートメントメニューだったり…
エステサロンであれば、べたつきを抑える毛穴ケアメニューだったり…
ヘッドスパサロンであれば、通常の頭皮ケアに加えてニオイケアができるメニューだったり…。

このような「この時期ならではのお悩み(=この先の企画になりそうなテーマ)」に対してケアできるメニューをピックアップ(既存メニューを組み合わせて特別メニューにしてもいいですね!)し、ニュースレターなどで訴求しながらサロン体験に誘致しましょう。

メディアの方は常に忙しいので、新しくもなく今後の企画の参考にもならないのであれば、無料であっても、わざわざ足を運んでもらうのは意外と難しいものです。しかし、ちょっとした見せ方の工夫をすれば、体験誘致に成功する確率は高くなると思います。ぜひ実践してみてください。

◎[女性誌攻略のススメ! ]シリーズ一覧はこちら

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

株式会社ベンチャー広報のメンバーが、10年以上培ってきた広報PRのノウハウやスキルアップ情報を、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。
・「広報PRに取り組み始めたばかりで、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、ぜひ[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。大手メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、併せて配信しています。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・PR会社は大企業だけのものじゃない
・スタートアップに最適化したサービスと価格
・”経営戦略の視点”から広報PRを支援
・スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRは「企業と人々をメディアでつなぐ」
・PRの効果は顧客向けだけではない
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク
 (1)プレスリリースは送るな
 (2)経験から学び、戦略をアップデートする
 (3)目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・各種サービスの料金表

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●実践的な広報PRを学びたいが、専門スキルを持った相談相手が身近にいない…。
●広報担当同士で横のつながり、仲間が欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして独立や転職を考えているが、自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。