2019/03/22

新商品の露出獲得3原則 – 女性誌攻略のススメ!vol.1

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
ベンチャー広報の佐藤です。

私はベンチャー広報に入社する前、女性向けの化粧品や消費財に特化したPR会社に所属していました。当然、露出を狙うはファッション誌、美容雑誌、ライフスタイル誌など、いわゆる“女性誌”です。

女性誌は他のビジネス誌やモノ系マガジン、週刊誌などの雑誌類の中でも特にアプローチの仕方が特殊だと言われており、他媒体へのアプローチとは全く別のテクニックが必要です。

私がいたPR会社では、毎月約80誌の女性ファッション誌・美容誌・ライフスタイル誌に目を通し、報道分析を行い、徹底的に傾向と特集を分析していました。

ここでは、そこで培ったノウハウの一部を何回かに分けてご紹介します。今回は攻略法その1「新商品の露出獲得3原則」です。

狙うは「新商品コーナー」

ここでは、自社商品が5月1日に発売予定だと想定してお話ししたいと思います。

新商品の発売は、露出を狙える絶好のチャンスです。
女性誌には、「新商品コーナー(インフォメーションコーナー)」、もしくは、「新商品カレンダー」という、“雑誌の発売日から、次の発売日までに新商品として発売されたものを紹介するコーナー”を毎月1ページから2ページの枠で設けています。
(毎月28日発売の雑誌なら、28日〜翌月27日までに発売されるものを取り上げます。)

このコーナーは新商品がある時にしか狙えないコーナーなので、比較的競争率も低く、新商品発売のタイミングは露出の大きなチャンスです。また、雑誌の特集内容に関係なく、新しい情報であれば掲載してもらえるコーナーです。

ただ、情報提供のタイミング次第で、その大きなチャンスを棒に振るうことになります。

新聞やWEBなど即時性のあるメディアに新商品情報をアプローチする場合、発売日当日の5月1日、もしくは早くても一週間前の4月24日にプレスリリースを発表して記事にしてもらう、というのが一般的です。

これが女性誌になると、そうはいきません。

女性誌の企画進行は、新聞やWEBに比べてとても早いです。
基本的には『3ヶ月前進行』だと思ってください。

では、『3ヶ月前進行』とはどういうことか?

基本的な知識としておさえておかなければならないのは、女性誌では【発売日】と【発売号】の月が一致していません。
4月7日発売であれば5月号、4月28日発売であれば6月号といった形で、【発売日】に1〜2ヶ月プラスした数字が【発売号】になります。

ここでは毎月28日発売の雑誌を例にあげて説明します。

雑誌が出版されるまでには、下記の図のようなプロセスがあります。

出典:小学館 仕事のプロセス「雑誌ができるまで」

企画会議が発売日のおよそ2ヶ月前、そこから担当が決まり、取材先や紹介する商品の選定が始まります。

具体的に言うと、例えば今が3月上旬だとすると、今の時期に進行しているのが、4月28日発売・6月号ということになります。

つまり、今回のように5/1発売の新商品を、新商品コーナーで取り上げてもらうには、3月上旬〜中旬には情報提供をしていないと間に合わないということになります。

女性誌攻略で最も重要なのは、この「現在進行している号は何月発売号なのか」を把握することです。

情報提供の時の注意

情報提供の際にはテレビのような「企画書」ではなく「プレスリリース」が有効です。

もし掲載することになった場合、編集者はプレスリリースを見ながら記事を書きます。別途商品についての取材をする、ということはありません。
ですので、プレスリリースにはその商品に関する情報を正確に入れる必要があります。

<プレスリリースに必要な情報>

  • 商品名(プレスリリースの中で統一させること!)
  • 会社名
  • 価格(税込、税抜も明確に!)
  • 発売日
  • 商品の切り抜き画像
  • お客様からのお問い合わせ電話番号

特に発売日は明確にする必要があります。

先述したように、女性誌は雑誌の発売日・発売号に合わせて掲載有無が決まります。
5月1発売なのか5月28日発売なのかで、今の進行している号で掲載できるのかできないのかが変わるのです。

なので、女性誌の編集者はその商品の【発売日】にとても敏感です。
発売日は、プレスリリースのタイトルに入れるようにしましょう。
そして「2019年5月発売」ではなく、「2019年5月1日新発売」と日にちまできちんと入れることが大切です。

また、新商品コーナーで取り上げてもらえることになった場合、掲載用の画像(単品切り抜き画像)もしくは、撮影用に実物商品が必要になります。

この用意ができていないと、せっかく情報提供して取り上げてもらえることになっても、「撮影できるものがないのでは・・」と掲載が見送りになることもあります。

まとめ

新商品の露出を狙う時は、

  • 情報提供のタイミングを見極める
  • 掲載に必要な情報を揃える
  • 商品画像、もしくは、撮影で貸し出しできる商品を準備する

以上の3つを事前に準備した上でアプローチするようにしましょう。

毎週「広報PRノウハウ・メルマガ」配信中

株式会社ベンチャー広報のメンバーが、10年以上培ってきた広報PRのノウハウやスキルアップ情報を、登録無料のメールマガジン(週1回配信)でお届けしています。
・「広報PRに取り組み始めたばかりで、ゼロから学びたい」
・「広報担当者はいないが、これから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして、独立(または転職)できるスキルを身に付けたい」
とお考えの方は、ぜひ[広報PRノウハウ・メルマガ]を登録ください。大手メディアの編集長などが登壇するセミナーやイベントのお知らせも、併せて配信しています。

「サービス案内・料金表」資料の請求について

株式会社ベンチャー広報の「サービス案内・料金表」資料は、コチラから請求ください。

【内容】
・PR会社は大企業だけのものじゃない
・スタートアップに最適化したサービスと価格
・”経営戦略の視点”から広報PRを支援
・スタートアップ・ベンチャー企業にこそ広報PRが必要
・PRは「企業と人々をメディアでつなぐ」
・PRの効果は顧客向けだけではない
・スタートアップに最適化した当社独自の理論とフレームワーク
 (1)プレスリリースは送るな
 (2)経験から学び、戦略をアップデートする
 (3)目指すは「マスコミ報道の連鎖」
・各種サービスの料金表

ベンチャー広報への「お問い合わせ」

リテナー契約(広報の業務代行)やコンサルティング契約(広報の個別指導)、人材採用など、ベンチャー広報への各種お問い合わせは、コチラからお願いします。

広報PRパーソン育成のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」

「一人広報」「広報PRの初心者」で、こんなことに困っていませんか?
●実践的な広報PRを学びたいが、専門スキルを持った相談相手が身近にいない…。
●広報担当同士で横のつながり、仲間が欲しいが、なかなか交流の場がない…。
●PRパーソンとして独立や転職を考えているが、自分の広報スキルに不安がある…。

そんな悩みを解決するオンラインサロン「ゼロイチ広報」の詳細や申し込みはコチラから。