2019/04/10

【事例・TV向けPR】報道企画書は、TVを見ながら逆から作る。〇〇多めが勝ちパターン!

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
ベンチャー広報です。

先日、お会いした広報さんからこんなお悩みをお聞きしました。

「結構紙媒体、WEB媒体からは取材されているのに、TVから取材が来ません。どうしたらいいでしょうか?」

ベンチャー・スタートアップは大手企業と違って、積極的にマスコミに出向き、記者やディレクターに直接情報をお届けすることを、ベンチャー広報ではオススメしています。

が、その際にどんな資料を用意すればいいかいいでしょうか。

プレスリリースよりも更に有効なのが「報道企画書」というものです。

3〜4枚程度で、自社の情報と、その関連情報をまとめた、特集枠のダイジェストになるような資料と想像してください。

さあ作ってみてください!といってもすぐには自社の情報を盛り込んだ企画書を書くことは難しいと思います。

が、とある方法で練習すると、「報道企画書」がスラスラと作れるようになるんです!
練習方法についてご紹介します。

 

夕方の情報番組の特集を見て作ってみる

各局情報番組は18時台に20分程度のメイン特集を日々放送しています。

「とある方法で練習」というのは、この特集コーナーを見て、企画書を書いてみるということです。

毎日、グルメもの、旅、人情もの、密着・事件系等々、様々な内容で放送されています。
報道企画書づくりの参考としてオススメしたいのは、グルメ系特集です。

バランスよく様々な情報が盛り込まれていることと、身近なテーマなので想像して書きやすいと思います。

(最近は特定の期間公式HPで動画視聴が可能な場合も、どこにいても取り組めます)

さて企画書づくりに話を戻します。

仮に、放送内容が「銀座の行列グルメ特集」だったとします。
では、この企画が採用された報道企画書はどういったものだと思いますか?

さっそく特集コーナーの放送内容を参考に、順に落とし込んで行きましょう。
 

  1. 1. 特集見出しは?
     
    今日の特集の見出し=企画書のタイトルです。

    見出しで、思わず見てみよう、とチャンネルをあわせるくらい、シンプルでわかりやすいものです。リリースや企画書は、ついつい凝って長くしてしまいがちですが、できる限りシンプルにわかりやすいという方向にもっていくといいでしょう。

  2.  

  3. 2. 特集の紹介
     
    実際の放送では、タイトルが出る前や出たあとに、結構な割合で、ナレーションベースで企画の趣旨の紹介をしています。

    例に上げた行列グルメなら、
    「春の銀座、人々は激辛を求めて長蛇の列が!〜新しいトレンドは〇〇!」など、特集内容をざっくり、ざっとポイントになる、つい見続けたくなるようなことをアピールしています。

    ここが企画書では、リード文章に当てはまります。何を伝えたいのかがわかるような内容に短くまとめましょう。

    また新しいトレンドは〇〇!というのは企画のキーメッセージです。もし実際に自社の情報をまとめるときにはどんな内容にできるか、しっかり考えてみて下さい。

  4.  

  5. 3. 各店舗の詳細、売りポイントなど
     
    グルメ系の場合だと、店の場所、店外の行列の様子をレポーターさんが伝え、食べた人の感想、店内の混み具合、料理を作っている様子、お目当てのグルメ、実食、お店の方へのインタビューなどが、1店舗2分〜3分程度でまとまっていることが多いでしょう。メインの場合、CMをまたいで7分前後になることも。

    ここで参考になるのは、店舗の基本情報もそうですが、各場面で流れた映像は企画書の要になります。美味しさもそうですが、結局はそれが映像にしたときにわかりやすく伝わるか、迫力があるか、新しさがあるかなど、まずは写真を入れ込み、ぱっとみてわかるような内容になっているといいと思います。

    このビジュアルの有無で、かなり採用の確度は変わってきます。企画書自体は3〜4枚程度に抑えたほうがいいですが、写真のボリュームは多めに取ることをおすすめします。

  6.  

  7. 4. 日付 この企画書はいつ作ったの?
     
    グルメなどの話題は鮮度が命。なので、企画書を採用するとなると、最短は先日、長くても1ヶ月前に決まることが多いといいます。

    また、春の行列〜などはざっくり「この週でやろう」、などゆるく枠だけ事前に決まっていることも多いと聞きます。

    仮にこちらが何か報道企画書を作成して提案するとなると、提供する日から1ヶ月先くらいの話題を持っていくといいと考えます。

    今参考に作っている企画書は、いつ誰が作ったのか?を想像、調べながら書いていくと面白いこともわかります。

    例えば、

    • 紙媒体で同じような内容の記事があった
    • インスタ・TwitterなどSNSで話題になっていた
    • 近い企画が他局であった  など

    こうして一つの正解をさかのぼっていくと、得られる情報はとても多いのです。

    とにかく何度も書いてみてください。次第に、自社の情報ならこうかな?などと置き換えて考えられるようになっていきます。

  8.  

  9. 5. 自社の企画書づくりの鉄則は団子3兄弟で
     
    この書き方に慣れてきたら、自社の情報を盛り込んだ企画書づくりです。
    ここでの気をつけるべき点は、一つの特集で3〜4つ、同じテーマの情報をまとめるということです。

    なので、自社の情報はどんな企画がいいのか、並べて紹介するのはどんな内容がいいかをよく考えて、調べ上げてまとめてください。

    仮に特集のメインにしたい、と思うなら、社長の思い、開発者の声や、商品の詳細なども必要です。もしそのような報道が紙媒体などで出ていれば、一緒にまとめるもしくは添付すると良いでしょう。

  10. そして、やってみたけどやっぱり難しいとお困りの皆様、4月22日のセミナーでは、実際に企画が通った資料を用意して、どんな企画書を作ればいいか、放送作家さんに教えていただく時間を設けています。

 

 

 

 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 

株式会社ベンチャー広報
代表取締役 野澤直人
大学卒業後、経営情報サービス会社に入社。 マスコミ業界に転じ、ビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上を取材。その後、当時無名だった海外留学関連のベンチャー企業に参画し、広報部門をゼロから立ち上げ毎年100~140件のマスコミ露出を実現。5年で売上10倍という同社の急成長に貢献。

2010年に日本では珍しいベンチャー企業・スタートアップ専門のPR会社として株式会社ベンチャー広報を創業。以来10年間、プレスリリースに頼らない画期的な手法で、400社を超える企業の広報活動を支援。

講演・講師実績も多数。著書に『【小さな会社】逆襲の広報PR術』。 2014年より名証セントレックス上場のIT企業・株式会社ガイアックスの執行役を兼務。2019年より広報初心者のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」を主宰。

 

スタートアップの広報なら、まずこの1冊『逆襲の広報PR術』

私は仕事柄、こんな相談をよく受けます。

  • 経営者:
    「これから広報に力を入れようと思うのですが、何から手をつけたらいいでしょうか」
     
  • 広報担当者:
    「私、今まで広報の仕事をやったことがないのですが、会社から広報担当に指名されました。何から手をつけたらいいでしょうか」

そんなお悩みを抱えてしまった場合、ぜひこちらを読んでください。中小ベンチャー企業・スタートアップの経営者、広報担当者にオススメの1冊です。

逆襲の広報
逆襲の広報PR術』野澤直人・著

私の原体験を含め、これまでの経験と、ゲリラ的広報PRノウハウ50連発!等をまとめた拙著です。

私が広報初心者だったころは、広報PR関連の本を本当にたくさん読みました。世の中にある広報PR関連の書籍をほぼ全て読破した、と言っても過言ではありません。

私の経験からいうと、経験豊富で優秀な広報の方ほど勉強熱心で、とても多くの関連書籍を繰り返し読んでいます。広報初心者の方でしたら、関連書籍を5冊読むことからスタートしましょう。

本から学べることは非常に多く基本を知るにはそれで十分です。PRコンサルに相談するより、本を読んだほうが効率的に学べます。

ただ、中小ベンチャー企業で広報をされている方は、書籍選びに注意が必要です。

というのも、書店で販売されている広報PR関連の書籍はそのほとんどが、大企業の広報担当者向けに書かれているからです。

『広報PRとは何か』という一般常識を知る上で、そういった書籍も読む必要はあるのですが、中小ベンチャー企業で広報をする上で、実務的にはあまり役に立ちません。

広報PR関係の本を何冊か読み進めていくと、だいたいどの本も同じような内容なので、退屈になってきます。そうなったら、書籍からノウハウを吸収する段階はいったん卒業です。

そして、そこからが本当の勉強になります。

書籍で得た知見をベースに広報PRの実務を通じて、自分なりのやり方やノウハウを作っていきましょう。それこそが『本当のノウハウ、知見』であり、当然ながらそれは、書店で販売されている書籍には書かれていないものなのです。
 

PR会社・ベンチャー広報が、
スタートアップ企業向けサービスにこだわる理由


 
 
私は上場企業や大企業での広報PR担当の経験はありません。

今まで、サラリーマン時代も含め約20年以上、広報PRの業界にいますが、ずっと、中小中堅企業、ベンチャー企業、スタートアップの広報のお手伝いばかりしてきました。

なぜ、中小ベンチャー企業の広報PRにこだわるのか、その理由は、私の原体験にあります。約20年前、某ベンチャー企業の広報担当者として、PRマンのキャリアがスタートしました。

広報に関して全くのド素人だったものですから、プロに手伝ってもらった方が早いと思い、複数のPR会社さんに声をかけて、見積をとりました。

すると、出て来た見積金額は、安くても月額60万円、高い会社は、なんと月額100万円!
しかも、最低1年契約が条件でした。年間にすると、約1000万円の費用がかかる計算です。

当時、私がいたのは年商2億円程度のベンチャー企業でしたから、PR会社にそんな大金を払えるはずもありません。しかも、それらのPR会社さんが提供してくれるサービス内容といえば、「まずは半年から1年くらいかけて、じっくりブランド戦略を練りましょう。」というお話でした。こちらは、明日からすぐに、新聞やテレビからバンバン取材される方法を知りたいのに、全く話が噛み合いませんでした。

その数年後、私はある中堅のPR会社に転職します。入社してすぐに、知り合いのベンチャー企業の社長から「うちの会社のPRを手伝って欲しい」と声をかけて頂きました。あまり予算がないが月額20万円×3ヵ月契約ならなんとか、ということで、ほぼ発注して頂くことが決まり、社に戻って上司に報告したところ、「月額20万円しか出せない会社は、客じゃない。今すぐ断ってこい。」と言われたのです。

その時、私はわかりました。

名の知れた一般のPR会社は、月額80~100万円の料金を支払える大企業だけを相手に商売をし、中小ベンチャー企業なんて、最初から相手にしない、という現実...

私はこうも思いました。

資金が潤沢な大企業は、広報PRに頼らず、有料の広告をどんどん出せばいいではないか... 無料で宣伝できる広報PRは、お金のない中小ベンチャーにこそ必要なのに、そこにサービスを提供するPR会社がないのはおかしい...と。

そういう会社がないなら、自分で作ってしまえ!ということで、日本でも珍しい、スタートアップ・中小ベンチャー企業専門のPR会社『株式会社ベンチャー広報』を設立しました。

そして、全国の広報担当者様や経営者様にそのノウハウをお伝えするため『逆襲の広報PR術』を出版いたしました。

逆襲の広報
逆襲の広報PR術』野澤直人・著

この本には、PR業界の中では、非常識な手法・ノウハウもあるかもしれません。しかし、スタートアップ・中小ベンチャー企業を広報PRで成功させることができる良書に仕上がったと自負しています。

なぜなら、私が実践して結果を出してきたノウハウだからです。ぜひ参考にしていただければと思います。

また、

  • 「今のPR会社に満足していない」
  • 「PR会社に広報PR業務のコンサルティングをお願いすること検討中」
  • 「PR会社に広報PR業務を委託することを検討中」

などのお悩みや課題がございましたら、下記フォームより、お気軽にお問い合わせください。

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報
代表取締役 野澤直人

 

お問い合わせフォーム

お問合わせ項目必須
お問合わせ内容必須
企業・団体名必須
フリガナ
部署名
お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
電話番号必須
住所必須
文字を入力して下さい必須
captcha

 

 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 

 

 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。