2020/03/16

【広報PR/おすすめの1冊】「メディアと広報 – プロが教えるホンネのマスコミ対応術」尾関謙一郎・著

広報PRノウハウ

スタートアップのためのPR会社
株式会社ベンチャー広報の武田です。

今回は、広報に関するおすすめ書籍をご紹介したいと思います。

書 籍:『メディアと広報 プロが教えるホンネのマスコミ対応術」
著者名:尾関謙一郎氏
発行元:宣伝会議

著者の尾関謙一郎氏は、1975年に読売新聞社へ入社し、記者として社会部で10年、その後に経済部で記者とデスクを担当、1996年にJリーグ ヴェルディ川崎の広報部長、2002年にはプランタン銀座の取締役広報担当として活躍されました。その経歴はまさに「メディアと広報」それぞれの現場を経験され、双方の視点を併せ持った方です。

書籍概要

この書籍では、メディアで異なる取材方針、広報であれば知っておきたい心構え、多様化するメディアに対応するヒントと危機管理、企業トップの記者対応、広報とコンプライアンス、特殊な広報事例が順を追って紹介されています。

広報の方が知りたい「記者の視点・感覚」と、学んでおきたい対応姿勢、そして、メディアと広報の関係性構築についてエピソードベースで書かれ、企業広報をされている方には納得・共感できるポイントも多い内容かと思います。

1. 広報パーソンの心得

その中でも、私が特に興味深かったポイントを挙げてみます。

まずは、『第二章 誰も教えてくれない広報パーソンの心得』

この中で、広報にマニュアルは不要という言葉が出てきます。これはメディアに対し、媒体や部署で括って画一的な対応はできないことを指しています。日頃のPR活動と照らし合わせると確かに、同じ新聞社内の記者さんでも取材に繋がるポイントや個性は大きく異なっていると実感があります。それを思うとやはり、正確な情報を伝え、いかに誠実に対応するか、この心構えがあるかないかでメディアとの関係構築は変化するものと改めて理解できる内容でした。

2. 危機管理

次に、「第四章 次は我が身!危機管理はできていますか』

「広報は社内連携が命」という節があり、社内(現場)と広報の密接な距離感が危機管理にも取材獲得にも重要であることが判りやすく紹介されています。

私が企業の広報担当をしていた当時も、プレスリリース情報が集まりにくかったり、出所不明の内容が記事になってしまったり(結果的には営業担当が外出先で会った記者に「オフレコで…」といって喋っていた)、取材で役員が誤解を招く表現で話したりと、いろいろな事がありました。

そのどれもが、この章で示される「社内連携」が取れるうちに、取材の機会ロスが減り、不用意な情報が出ることもなくなっていった覚えがあります。

一言で広報担当といっても企業内での立場は様々なため、役員や社員に広報が進言や要望を出すのは難しいかもしれません。

しかし、社内の各部門や役員に「とりあえず広報に聞けば判るかも」「広報に相談すれば何かできるかも」と上手く使うことを覚えてもらえれば、おのずと社内の情報制御や協力を得られる体制づくりができていきます。

「社内連携」による正確な情報把握と誠実な姿勢が企業を守ることに直結するのだと、改めて考えさせられました。

3. 企業トップと記者

第五章では『トップ広報と夜回り』と題されています。

広報をしていると、ネガティブな取材や記者からの追求に対し「広報なんだから何とかしてよ」と役員から言われることがあります。

自分の経験においても役員から「記者が家に来た!」と言われ、早朝に会社の前で待機している記者さんに遭遇したこともありました。

一方で、とある新聞記者さんが「自分が担当している間は1本でも多く記事を書いて業界を盛り上げたい」と言ってくださったこともあります。

この書籍では、記者と広報の両視点で企業トップのメディア対応例が書かれており、本来は避けたい取材にどう対応するのが最善か見識を深めることができます。

今の自分ならどう対応するか考える切っ掛けにもなります。

そして、この章だけでもよいので、企業トップの方にもぜひ一読いただきたい内容です。

4. CSR、コンプライアンス意識

この他に、広報・宣伝・CSRの連携PRの事例は、まさにこれから役立ちそうだと参考になりました。

自社の商品・サービスは売り込みをするのに、CSRはPRしない企業は多々あります。

その背景には、自社がやっている活動を「やってますよ!」と声高に言うのはどうか…という考えや、売り上げに直結しないから…という考えもあるのかもしれません。

この本が発行されたのは2007年とかなり昔ですが、昨今「SDGs」が注目されている風潮を見ると、CSRにも広報を役立てることが必要になってきていると感じます。

例えば2019年は、海洋プラスチック問題に取り組む企業が環境省大臣との意見交換会をしたり、G20関係閣僚会合の会場で展示を行ったりと、今までと異なった切り口でメディア取材を受けているケースもあります。

さらには、企業の社会貢献活動に賛同する消費者やビジネスパートナー開拓の一助としてもPR活用は有効に思います。

また、「商標」のエピソードも興味深かったです。

本の中でも書かれている商標問題は、メディア対応を主とする広報業務では気づきにくいポイントです。この他にも「景品表示法」でよくあるケースとして、「日本初」「業界No.1」などの文言はメディアの関心を引くために使いたくなる一方、根拠なく使ってしまうと行政処分の対象になるリスクがあります。

加えて、事実として、プレスリリース内容を法務部門がチェックする会社・しない会社が存在しています。広報・PRを行う立場として、情報の中に潜むリスクの確認を心がけたいと再認識させられるエピソードが印象的でした。

まとめ

広報・PRのノウハウ本が多数ある中で、今回の「メディアと広報 プロが教えるホンネのマスコミ対応術」は、広報になったばかりの方にはケーススタディとして活用でき、経験を積んだ方には「あるある〜」といった共感をしながら日頃のメディアとの関係性を見直せる書籍です。

また、広報の面白さや、記者さんがどのように取材をされているのか理解が深まる1冊だと思います。

書 籍:『メディアと広報 プロが教えるホンネのマスコミ対応術」
著者名:尾関謙一郎氏
発行元:宣伝会議

 


 
 

以下、広報PRセミナーのご案内です。

【ゼロイチ広報主催】第2回・無料オンラインセミナー 4.17
はじめてのオンライン記者会見〈事例研究〉
~ 広報担当必見!低コストで企画運営するノウハウ ~

<満員御礼>おかげさまで、本セミナーのお申し込みは定員数に達しました。
そこで、【ご好評につき、100名(←50名)に増席させていただきました!】
※今回は、100席で打ち切らせていただく予定です。
最終募集となりますので、まだお申し込みでない場合は、お早めにお申し込みください。
 


 

広報初心者のためのオンラインサロン
ゼロイチ広報」主宰の野澤直人です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、マスコミ関係者を特定の場所に集めて行う従来型記者会見の実施が難しくなっています。

そんな中、ローソンなど一部の大企業はオンラインでの記者会見に取組みはじめました。この流れは大企業だけでなく、今後、スタートアップや中小ベンチャー企業にも広がるでしょう。しかし、企業の広報担当者にはオンライン記者会見の経験や知識が乏しく、大企業でさえも試行錯誤中です。もし実施するとなれば、皆さんもわからないことだらけで不安だと思います。

そこで今回は、スタートアップとしていち早くオンラインで記者会見を開催された株式会社AsMamaの甲田社長をゲストにお迎えし、その知見をご共有頂く事例研究セミナーを開催することにいたしました。

オンライン記者会見に適したツールや会場の選び方、運営スタッフの配置や体制、記者との質疑応答の進め方、実施に必要な予算感など、具体的な運営ノウハウも合わせてご紹介いたします。

広報初心者のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」では、通常、会員限定でクローズドの勉強会を開催していますが、今回はオープン勉強会の第2回として、会員以外の方も特別に無料でご参加いただけますので、ぜひこの機会をご活用ください。

【ゼロイチ広報主催】無料オンラインセミナーの概要

日 時:2020年4月17日(金)16:00~17:30(15:50から入室可能)
料 金:無料
定 員先着100名 先着50名 ※100名様で打ち切らせていただく予定です。
対象者:企業の広報担当者
会 場:オンラインのみです。Zoomでの開催です。

その他

  • 本セミナーは講師2名によるトークセッションです。
  • 同業者(PR会社)の社員・関係者の方はお申込みをご遠慮ください。

お申し込みはこちら

セミナーコンテンツ

  • オンライン記者会見とリアル記者会見どこがどう違う?
  • YouTubeでの配信だけでは不十分。双方向性がキーワード
  • オンライン記者会見に適したツールや会場の選び方
  • そもそもオンラインで記者が本当に集まるの?
  • 運営のポイントは記者の質疑応答と囲み取材をどうやるか
  • オンライン記者会見にかかる費用の見積もり方
  • ここに注意!オンラインならではのよくあるトラブル
  • 会見での写真撮影はどうする?記者との名刺交換は?
  • マスコミサイドから寄せられた感想

※あくまで予定です。当日変更になる場合があります。

講師プロフィール

株式会社AsMama http://asmama.jp/
代表取締役CEO 甲田恵子氏
1975年大阪生まれ。米国留学を経て関西外国語大学を卒業後、 環境事業団(現 独立行政法人環境再生保全機構)にて役員秘書と国際協力室を併任。ニフティに転職し、海外事業の立ち上げに従事。2005年、同社在籍中に長女を出産。復職後は上場・IRを担当。ベンチャー投資会社に転職し、広報・IR室長に就任。09年に同社を退社。「頼り合えることで一人ひとりがライフステージにかかわらずやりたいことが実現できる社会の仕組みを創ろう」と全国から同志を募り、同年11月、AsMamaを設立。著書に「ワンコインの子育てシェアが社会を変える!」 「子育ては頼っていいんです~共育て共育ち白書」がある。
株式会社ベンチャー広報 https://www.v-pr.net/
代表取締役 野澤直人
20代でビジネス誌の編集責任者としてベンチャー経営者500人以上の取材を経験。その後、当時無名だった某ベンチャー企業で広報部門をゼロから立ち上げ、同社在籍中の8年間で朝日新聞、週刊ダイヤモンド、ワールドビジネスサテライトをはじめ毎年100~140件のマスコミ露出を通じて同社のブランディングに貢献。その実績とノウハウをもとに、業界でも珍しい、スタートアップ・ベンチャー企業専門のPR会社を設立。プレスリリースに頼らない画期的な手法で、多くの企業の広報活動を支援している。2019年より広報初心者のためのオンラインサロン「ゼロイチ広報」を主宰。著書に「【小さな会社】逆襲の広報PR術」がある。

お申し込みはこちら

 


 

  • [野澤直人のゲリラ広報]ベンチャー広報・社長メールマガジンのご登録はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報 代表取締役の野澤直人が、雑誌編集者→ベンチャー企業の広報PR担当者→PR会社社長、という異色の経歴から培った、令和時代を生き抜くための広報戦略と野澤独自のゲリラ的広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。
 
 


 

  • [ベンチャー広報・メールマガジン]のご登録(無料)はこちら

スタートアップのためのPR会社・株式会社ベンチャー広報が、10年以上の歳月かけて培ってきた広報PRノウハウをお届けするメールマガジンです。

・「ゼロから広報PRを学びたい」
・「広報担当者不在の企業でこれから広報PR領域を強化していきたい」
・「PRコンサルタントとして独立(または転職)のためのスキルを身に付けたい」

とお考えの方は、[ベンチャー広報・メールマガジン]をご登録ください。
 
 


 
 

  • [広報初心者のためのオンラインサロン・ゼロイチ広報]のご登録はこちら

株式会社ベンチャー広報は、創業から10年間で中小・スタートアップ企業に特化して300社以上の広報PR活動をサポートしてきました。その中でPRコンサルタントに蓄積されてきた独自の中小ベンチャー企業向けPR手法を、次世代に還元していく場が「ゼロイチ広報」です。